オフィシャルサイトブログサイト
2018年11月21日

拡大版

「そうさくらんど」に向けた活動はあまりにも多岐で、2枚の写真ではとても伝えきれない。そこで今日から4枚に拡大します。
181121tanpopo.JPG

181121hibari.JPG
(1)お店屋さんを開いていた年少T組は,最近訪問客が少なくなったので、チラシを作って園内に配り、顧客の掘り起こしを計った。するとねらいどおりお客さんが来てくれた。経営努力が実を結んだ。(2)年中H組は制作物で部屋がいっぱい。もの作りは限界に達してきているので、今日は体を使ったボディーアートをいろいろ工夫した。当日見ていただけないのが残念。

(3)ジャングルがテーマの年長A組では、年少H組の団体様を迎え、ジャングルステージでのコンサートに一段と熱が入った。(4)創作活動の裏では「農業科」の子たちもがんばっている。今日は最近切ったクリの木にシイタケの菌を植え込んだ。もっとも活躍してくれた年長児たちの卒園までには生えない。
181121aozora.JPG

181121shiitake.JPG
posted by Kaede at 21:54 | 園長のきまぐれ保育日誌
2018年11月20日

風を見る

181120kamo.JPG
マガモ型の風見鶏をままごとハウスの上に設置していましたが,周りの木が大きくなり、あまり風が吹かなくなったので、遊具「風の塔」のてっぺんに移転しました。遊具の名前にもぴったり。マガモ君も「ヤッホー!ここは風も吹くし見晴らしもいいぞー!」とご満悦。
posted by Kaede at 16:46 | 森と庭だより

イレギュラー

181120nensho.JPG
年少T組にある牛乳パックで作った大きな作品。最初はピラミッドをイメージしていたようだが、出来上がりはどう見てもテントかトンネル。とにかく毎日しっかり遊んでいるのだから名前は何でもいい。当日まで壊れないことを祈る。

年中の2クラスは、どちらも大きな作品が部屋を占拠しているので、ついに工作コーナーが廊下に出る羽目になった。右がH組で左がT組。合同の作業場で作ってはクラスの中に持ち込む。こういう風景もなかなかおもしろい。
181120nenchu.JPG
posted by Kaede at 16:32 | 園長のきまぐれ保育日誌
2018年11月19日

週明け

181119momiji.JPG
三日見ぬ間のもみじかな。
posted by Kaede at 18:25 | 森と庭だより
2018年11月16日

執念

181116aozora.JPG
「そうさくらんど」では、会場入口の看板を7クラスが一文字ずつ作る。各クラスのテーマに即して作ることが多いが、たくさんの動物などでジャングルを作っている年長A組が担当するのは「ど」の字。そうさくらんどの「ど」、動物の「ど」、ド派手の「ど」。

お化け屋敷がテーマの年長T組で「おばけのおすしやさん」という看板を作ったK君。作った後いつまでもじっと支えていたのは、赤の絵の具が垂れて血のようになるのを待っていたのだ。さて恐ろしき、執念かな。
181116taiyo.JPG
posted by Kaede at 00:00 | 園長のきまぐれ保育日誌
2018年11月15日

漆塗り

181115kaki.JPG
あまり話題になりませんが、柿の紅葉って多彩ですよね。鮮やかだけど渋みのある漆塗りを連想しませんか。(かえでの森にて)
posted by Kaede at 18:29 | 森と庭だより

作る、飾る

181115nensho.JPG
年少S組では、子どもたちが木の枝と毛糸を使ったクモの巣をたくさん作った。そこで大きな段ボールに描いた木に飾ることにした。するとチョウなども加わってきた。子どもたちは思い思いにいろいろなものを作るが、それをどう飾るかが、担任の知恵の絞りどころ。

創作活動が目につきがちだが、子どもたちは天気のよい戸外でもしっかり遊んでいる。今日は年中H組がかえでの森に出かけた。いつも遊んでいるところを通り抜けお寺の裏山に登ると、幼稚園から見るよりも宮島が近く見える。お寺の大きな屋根越しというロケーションも、なかなかいい。
181115hibari.JPG
posted by Kaede at 18:25 | 園長のきまぐれ保育日誌
2018年11月14日

神々しさ

181114miyajima.JPG
西日を浴びた宮島を望遠レンズで。神社の裏に紅葉した木々が見えますが、背後の山の斜めの稜線が平行に走っているところに、昔の人は「神々しさ」を感じた、とタモリの番組で言っていました。そして島全体がご神体になったとか。
posted by Kaede at 17:55 | 森と庭だより

存在感

181114zon.JPG
年長T組のお化け屋敷はどんどんパワーアップしていて、こわいものが次々と誕生し、部屋いっぱいに広がっている。入口で出迎えるのは「ぞん」という存在感のある名前のミイラで、名札もつきクラスの一員になっている。何と家族もいて左が奥さんの「びい」さん。間にいるのが子どもの「うさぎ」ちゃん。なぜか子どもはかわいい名前。

下は年中H組に飾られている泥のカップケーキ。一人一人の力作が集まって、カラフルな花園になりました。
181114cup.JPG
posted by Kaede at 16:32 | 園長のきまぐれ保育日誌
2018年11月13日

大トリ

181113momiji.JPG
紅葉の季節の最後を飾る、幼稚園のシンボルツリー、イロハモミジが色づきはじめました。先週末宮島に渡ったら、名勝「もみじ谷」は早くも盛りを迎えようとしていましたので、園のは少々遅めです。これから日に日に楽しめそうです。
posted by Kaede at 18:23 | 森と庭だより