オフィシャルサイトブログサイト
2018年03月17日

去りがたく

180317song.JPG
卒園式も37回目。修了証書も2,000人以上に渡してきた。就職活動や選挙への立候補に役立つ紙ではないが、1枚1枚にはかけがえのない根っこの成長のストーリーが込められている。T組では、そんな30人の仲間一人一人の良さを読み込んだ歌を、最後に保護者にも聞いていただいた。

式自体は30分程度で終わるが、その後が長い。去りがたい思いをゆっくりとかみしめていただいているのだと思うと、それもありがたいことである。去りがたいのは子どもたち?お母さんたち?、いや案外「屋根のぼり」に登っている「大きな子どもたち」かもしれない。
180317yane.JPG
posted by Kaede at 20:30 | 園長のきまぐれ保育日誌
2018年03月16日

あきらめない

180316mamagoto.JPG
年長にとっては最後の通常保育日。朝から先生たちに手紙を配る子、名残を惜しむようにいろんな遊びを次々にやっていく子など、様々な姿が見られた。片付け時間には砂場の遊具もゴミ箱も徹底的にきれいにしてくれた。T組のままごとコーナーでは、女の子たちが食器を一つ一つていねいに拭きあげていた。

そんな中、最後までコマのゲットに挑んだのはKちゃんとR君。Kちゃんは失敗しては涙、気を取り直しては挑戦をくり返し、R君は失敗しても表情を変えず挑み続けたが、残念ながら5回連続には至らなかった。しかし最後まであきらめなかった二人には特に大きな拍手を送りたい。明日は胸を張って卒園しよう。
180316koma.JPG
posted by Kaede at 19:21 | 園長のきまぐれ保育日誌
2018年03月15日

おせっかい

180315glass.JPG
園のお手伝いをいろいろ企画してくださる保護者のサークル「おせっかいくらぶ」のみなさんが、卒園式を前にこもれびホールや職員室の窓ふきをしてくださった。こういうのが始まると黙っていないのが「おせっかい幼年部」の子どもたち。早速作業に加わってキュッキュッ。お陰でガラスはピッカピカ。

園庭の一角、「千年クスノキ」の木陰にあり、ままごとなどに使っている小さなログハウス。この窓にカウンターを取りつけ、外用の丸テーブルとベンチをここに移してみた。「カフェごっこ」ができる素敵な空間になってきた。
180315mamagoto.JPG
posted by Kaede at 18:11 | 園長のきまぐれ保育日誌

小さい自己主張

180315hisakaki.JPG
森の入口ではヒサカキの小さな花が咲いています。葉っぱの陰に隠れるように地味ですが可憐です。でも、香りは結構強くて、これがいい匂いなのか悪臭なのかの評価は分かれるところでしょう。何はともあれ春を告げる臭いです。
posted by Kaede at 00:00 | 森と庭だより
2018年03月14日

最重要

180314sotsuen.JPG
全園児で「子どもたちの卒園式」を行う。2回目の練習に年少、年中もつき合う形の、30分で終わる小さな行事ではあるが、送る側も送られる側も多くのことを感じ取っているのがしっかり伝わってくる。「卒園式は一年の中で一番大事な行事です」と言っているが、本当は今日こそ一番大事な日かもしれない。

昨日のA組に続き、今日は年長T組が、最後のかえでの森遊びに行った。枯葉を集めてトランポリンを作ったり、森中を使って鬼ごっこをしたり、思う存分楽しんだあと、帰る前に全員が「神様の木」に向かうと「3年間ありがとうございました」という言葉が自然に出てきた。
180314mori.JPG
posted by Kaede at 00:00 | 園長のきまぐれ保育日誌
2018年03月13日

開拓

180313mori.JPG
年長A組の「森あそび」に同行した。卒園前になると、なぜか今まで踏み入れていないエリア、つまり「道なき道」を行きたがる子が増えてくる。そして知っている場所に出ると大満足の表情を浮かべる。「この森のことは全て知っていたい」という気持ちか、あるいは新しい道に踏み出していく意志の表れか。

年少3クラスの「交流会」も回を重ね、今日は近くの公園までお弁当を食べに出かけた。子どもたちは昨日から「えんそく、えんそく!」と大はしゃぎ。園にはない遊具が人気を集めたが、園の方がよっぽど楽しめることはそのうち分かってくる。
180313seesaw.JPG
posted by Kaede at 18:59 | 園長のきまぐれ保育日誌

子どもつぶやき 3月

母「もうすぐ卒園だね。幼稚園に通えなくなるの寂しいねぇ」
子「しかたないよ かあさん。オレ、せいちょうするのやめられんもん」
(Y,年長)



おかあさん、ぼくをひまわり(年少)のときにまきもどしてくれん?
(T,年長)
180301tsubuyaki.JPG
posted by Kaede at 08:53 | 子どものつぶやき
2018年03月12日

春が来た

180312takibi.JPG
プランターのチューリップも葉っぱを伸ばしてきました。今シーズン最後のたき火。年中児が年長児にプレゼントした「紅白餅」の残りを焼いて食べました。
posted by Kaede at 00:00 | 森と庭だより
2018年03月09日

パレード

180309sotsuen.JPG
「お別れ会」も終わり、残る行事卒園式に向け、年長児は初めての練習を行った。初めて覚えることや一人で行うこともあり、緊張しているのがよく分かる。慣れないことだから間違えるのはしかたないが、「名前を呼ばれたら返事だけはしっかりしようね」と話した。名前に羞じないで堂々と生きてほしいから。

年長T組担任のウクレレと女の子たちの打楽器グループが園内を練り歩くパレードが流行っている。一行が園庭にくり出すと、たくさんの子が集まってともに歩き始める。「『ハーメルンの笛吹き男』みたい」と言うと、他の職員は「サザエさんみたい」と表現した。
180309musicians.JPG
posted by Kaede at 16:59 | 園長のきまぐれ保育日誌
2018年03月08日

意欲満々

180308shitsumon.JPG
年長児と年少、年中児が対面しての「おわかれ会」を行った。歌の交換、職員の劇などとともに、恒例の年長児へのインタビューも行われた。「後輩に伝えたい遊びのコツ」という質問には「積木は頭でしっかり考えるといいのができる」とか、「野球は芯に当てるとよく飛ぶ」など名回答が続いたが、一番手が上がったのは「小学校へ行ったら何をしたいか?」という質問だった。

コマの連続5回成功にまだ至っていない年長児も多いが、今日はラストスパートのように成功する子が相次いだ。H君が5回目を回したときには、T組の仲間が打楽器を持ち寄り「鳴り物入り」で祝福してくれた。
180308koma.JPG
posted by Kaede at 18:37 | 園長のきまぐれ保育日誌