オフィシャルサイトブログサイト
2020年04月08日

春爛漫

200407sakura.JPG
明日の進級式からいよいよ今年度が始動します。まぶしいほど満開の桜、新芽の勢いが若々しいコナラ、盛り上がるほど豊かなのレンゲ…。うっとりするほどの美しさで新年度を祝っているのに、見る人がだれもいません。そして「ゆっくり見ていってくださいね」と言えない現実がもどかしいです。
200407konara.JPG

200407renge.JPG
posted by Kaede at 16:13 | 森と庭だより

THANKS!

3月に卒園した保護者の皆さんから、卒園記念品として集会室に大型のテレビモニターをいただきました。しかし新型コロナの影響で製品の納入が大幅に遅れ、4月に入ってやっと設置されました。保護者への説明会や父母の会、サークルなどでも使っていただきたいところですが、残念ながらそれらは全て休眠状態。ただ職員会議では早速活用させていただいています。ありがとうございました。
200410kaigi.JPG
posted by Kaede at 00:00 | 園長のきまぐれ保育日誌
2020年04月06日

新しい1年

200406parts.JPG
今年度初の更新。4月1日用の写真も用意していたのだが、エイプリルフールの気分にもなれずボツに。見通しがきかないこれからの日々ではあるが、準備だけは怠りなく行いたい。今日は乗り物遊具「ツインタクシー」のハンドル部分を新品に交換した。丈夫にできてはいるが、子どもたちに大人気なだけあって数年使うとガタが来る。写真はBefore&After。よく摩耗したということはよく育ったということ。今年もガンガン乗り回していいよ。

クラスごとに新入園児親子の面接を予定通り行った。本来なら面接の後はゆっくり園庭で遊んで、少しでも園になじんでもらえればいいのだが、今年は15分までという制限をつけた。今が満開の桜の下も通る人はまばら。
200406sakura.JPG
posted by Kaede at 15:41 | 園長のきまぐれ保育日誌
2020年03月31日

令和2年度小学校入学式について

廿日市市教育委員会から入学式の実施にあたっての遵守事項が示されました。
卒園生の方はご確認ください。

入学式の実施にあたっての遵守事項.pdf
posted by Kaede at 13:42 | 園からのお知らせ/行事予定

新年度に向けて

200323sunaba.JPG
いつもとは違う形の年度末。私立幼稚園に新たに入る先生たちを対象とした新採用教諭研修会も中止となった。保護者の方にご協力いただく環境整備作業も中止になったが、傷んでいた砂場の外枠を取り替える工事は、何とか職員だけで行った。

環境整備は園だけではない。長期派遣できていたI先生が所属するH小学校では、新1年生を迎えるにあたり、まず幼稚園や保育所での遊びから学習につなげる「にこにこタイム」のための部屋を設けることになった。そこで職員3人がH小学校を訪問して、こままわし、かるた、おはじき、折り紙などのコーナーの配置を動かしてみたり、使えそうなものを探したりしながら、環境作りのお手伝いをした。ここで新一年生たちがどんなふうに過ごすのか、楽しみである。
200325shogakko.JPG
posted by Kaede at 00:00 | 園長のきまぐれ保育日誌
2020年03月23日

春を待つ

200323sakura.JPG
春らしい陽気の中、新入園児たちが用品販売でやって来ました。でもコロナウイルスの関係で遊びは20分まで。東京では桜が満開だそうですが、幼稚園はやっと一輪見つけました。

そして、満開を迎えているのは桜の下で咲くレンギョウ。早く本当の春が来ますように。
200323rengyo.JPG
posted by Kaede at 12:33 | 森と庭だより
2020年03月19日

無事終了

200319shugyo.JPG
最後の1ヶ月は変則的な期間になったが、何とか今年度の終業式を迎えることができた。式の中では小学校から1年間長期派遣研修で来ているI先生とのお別れもした。子どもたちの中には今や「小学校の先生」という意識はほとんどないが、保護者からの花束を抱いて「みんなが小学校に来るのを待っています」とのあいさつを聞くと「そうだった」と思ったかも。

土山の上から紙飛行機を飛ばす年少のSちゃん。「春風に乗って、未来へ飛んでけ−!」。次に来るときは年中児だ。
200319hikoki.JPG

posted by Kaede at 18:34 | 園長のきまぐれ保育日誌
2020年03月18日

あっという間に

200318nyujo.JPG
39回目を迎えた卒園式。新型コロナウィルスのために保護者の数を制限し、会場の窓を開けての開催となったが、気候にも恵まれ、全員出席のもとで行うことができた。今年から式中の写真、動画撮影をご遠慮いただいたが、それもあって入場から退場まで例年の何倍もの拍手に包まれた、暖かい式となった(職員撮影)。
200318singing.JPG
証書受け取りの緊張も終わり、最後の歌はとてものびやかだった(職員撮影)。
200318face.JPG
クラスに帰り、担任が「○○ちゃんの顔、忘れないでよ」と一人一人を改めて紹介。「忘れるわけないよ!」
200318kinobori.JPG
この木もよく遊んでくれたよね。
posted by Kaede at 00:00 | 園長のきまぐれ保育日誌
2020年03月17日

春風

200312kamo.jpg
「立つ鳥あとを濁さず」でいきたいものだね。そうすれば春の風は最高に気持ちいい。
posted by Kaede at 21:43 | 森と庭だより

思い出

200317koma.JPG
年長児にとっては最後のお弁当。そして最後の保育日。年長児たちは2クラスで夏の合宿でやった宝探しを楽しんだり、それぞれが悔いのないように園内いっぱいで遊んだりした。朝からコマ回しに挑んでいたRちゃんは、午後の片付けの直前で5回連続回しをクリア。今年度最後の成功者になり、居合わせた職員や子どもたちから盛大な祝福を受けた。

朝から遊び全開のYちゃん。「この木の登り方はY君に教えてもらった。ピカピカの泥だんごはAちゃんに教えてもらった。ここからジャンプするのはTちゃんといっしょにやってできたんよ…」楽しいことは、全て友だちとセットになって思い出になる。
200317kinobori.JPG
posted by Kaede at 21:39 | 園長のきまぐれ保育日誌