オフィシャルサイトブログサイト
2018年07月04日

珍種?

180704kemushi.JPG
雨上がりの園庭では、たくさんの生きものが観察できます。ウスバキトンボやシオカラトンボの羽化、小さなカタツムリ、葉陰のクモの卵、初めて咲いたネジバナなど。中でも注目は白い毛がふさふさのこの毛虫。666種も掲載されている当園自然図書館所蔵の「イモムシハンドブック」全3巻によると…うっ、分からん!
posted by Kaede at 17:58 | 森と庭だより

移送作戦

180704pool.JPG
雨続きで稼働率の低い今年のプールだが、休んでいる間にカエルが卵を生んだらしく、小さなオタマジャクシが大量に泳いでいるのを発見。検討の結果「走らない、騒がない、ふざけない、事後は手足をよく洗う」を条件に募った年長有志が網などを持ってプールに入り約30分間集中して作業し、無事田んぼに移送した。

その田んぼでは、羽化したばかりのウスバキトンボが見られた。早く登園してきた子たちが注目する中、新しい羽を乾かしていたが、虫かごを欠かさず持参する昆虫少年たちもこういうのは採ろうとしない。虫取りの「仁義」を心得ている。
180704tanbo.JPG
posted by Kaede at 17:20 | 園長のきまぐれ保育日誌
2018年07月03日

ワクワク

180703kasa.JPG
雪が降るとソワソワする人がいるように、雨が降るとワクワクしちゃう子もいるよね。
posted by Kaede at 17:08 | 森と庭だより

意見集約

180703pizza.JPG
年中H組では、クラスのバルコニーでできたトマトを使ってピザを作った。生地を伸ばす作業では、たくさんの手が集まってきた。しっかり焼くから大丈夫です。

年長では2週間後の合宿保育でやりたいことをそれぞれのクラスで話し合ってきたが、今日は2クラス合同で調整する会を持った。発言したい子は多いが、やはり60人で意見をまとめるのは難しく、たくさん出たものを4つまでに絞ったところで今日は時間切れ。
180703nencho.JPG
posted by Kaede at 17:01 | 園長のきまぐれ保育日誌
2018年07月02日

子育て協力者

180702hina.JPG
ツバメのヒナが姿を見せました。少なくとも3羽はいるようで、鳴き声も次第に力強くなっています。しかし不思議なのは、大人のツバメが3羽かかわっているように見えることです。「三角関係?」などという大人の説に対して、「おばあちゃんが手伝いに来てる」という子どもの説の方が、少なくとも美しい。
180702tsubame.JPG
posted by Kaede at 17:28 | 森と庭だより
2018年06月29日

明ける?

180629rain.JPG
短時間でしたが、すごい雨と雷でした。当然中止になったプールにも大粒の雨が跳ね返っていました。梅雨明けが近いのでしょうか。農業的にはもう少々降ってくれた方がいいのですが。
posted by Kaede at 18:38 | 森と庭だより

豪雨

180629station.JPG
毎年地元のJR宮島口駅に七夕の笹を飾らせてもらっているが、出発前から豪雨&雷の荒天となり、駅にも人があふれているとの情報が入ったので、時間を遅らせ、年長児が午後行かせていただいた。待合室に笹を立て、飾りを取りつけた。海外からのお客さんのために英語の説明も用意した。

雷の大きな音が怖かったので、年少H組の何人かがピアノの下に隠れた。すると案外居心地がよかったのか、雷が去った後もしばらくここでごっこ遊びなどを楽しんでいた。
180629piano.JPG
posted by Kaede at 18:34 | 園長のきまぐれ保育日誌
2018年06月28日

プール2景

180628nenchu.JPG
年中H組では水に沈めたゴム製の魚や貝などの「宝」を取るゲームをしていた。「よーいドン」までは背中を壁につけておくルールだが、「よーい」の声を聞くと体が知らず知らず前に進んでしまう子も多い。良く言えばアグレッシブな性格。

年長T組はプールの中で歌に合わせて歩くゲームをした。監視役のフリーの職員がウクレレで伴奏。何となくハワイアンなトロピカルな雰囲気が流れた。
180628nencho.JPG
posted by Kaede at 17:10 | 園長のきまぐれ保育日誌
2018年06月27日

孵化成功!

180628tsubame.JPG
もの干し場のツバメの巣からヒナの声が聞こえてきました。やった!。親鳥は雨の中でも忙しく飛び回っています。それにしてもカラス除けに張ったビニールひも。ツバメのためとは言え、この不揃いのゴチャゴチャは何とかしたいものです。
posted by Kaede at 17:42 | 森と庭だより

ピタゴラ

180628taiko.JPG
年長T組の積木コーナーではビー玉転がしが大流行。今日K君などが挑んだのは、ロフトにセットした玉の道からビー玉を転がし、約2m下の小型ジャンベ(太鼓)に落として鳴らすというもの。一つでも難しいのに跳ね返ったビー玉が2つ目のジャンベを見事鳴らしたときには、そこにいた全員から歓声が上がった。「ピ!」

畑では、今年初めて植えたズッキーニが大きく茂っている。雄花、雌花の違いを見分け人工授粉にも挑戦したが、時期が限られているらしく、文字通り結実に至るのは難しい。
180627yasai.JPG
posted by Kaede at 17:32 | 園長のきまぐれ保育日誌