かえで幼稚園の子どもたちは自然に囲まれた中で頭と体と心をフルに使って遊びを創り続けています。(広島県廿日市市:宮島を見下ろす高台の幼稚園)

2021年09月10日

活動的

210910tsubame.JPG
昨日に続き、今日は年中が川遊び。とは言え、欠席が多い1クラスは学級閉鎖中なので、1クラスのみの実施。いつも2クラスで行っているからとても少なく感じる。子どもたちも何となく勝手が違うのか、派手な遊びよりも、魚取り、砂遊びなど、おとなしい遊びをする子が多かった。
210910mitsuba1.JPG
満3歳児クラスのすぐ外が私の作業場。今日は棚作りの準備作業をしていたらラティス越しに「何しよるん?」「何を作りよるん?」という質問が来た。このクラスを作ったときから想定された光景である。私自身が3歳の頃、自宅のリフォームがあったが、その時の私は大工さんにつきっきりだった、と、親から聞いた。やはり質問攻めにしたのだろうか。覚えていないが。
210910soccer.JPG
その満3歳児のお仕事。サッカー場の得点板で、表を作っていたテープをきれいにはがし、サッカー部員たちのひんしゅくを買った。良くも悪くも活動的になってきた。
210910maron.JPG
かえでの森から園庭に枝を伸ばしているクリが実を落としはじめた。自然に生えた木だが実は結構大きい。集めておいてみんなで栗ごはんを食べるんだ。たくさん集めてね。
posted by Kaede at 18:50 | 園長のきまぐれ保育日誌
2021年09月09日

落ち着き

210909river.JPG
年長2クラスが川遊びに出かけた。はじめの予定では明日が合宿保育で川で遊んだり園に泊まったりする日。延期になったのでその代わりのつもりだが、陽射しは暑く水も思ったほど冷たくなくて、快適な時間だった。一部の有志と、深みや急流がある細い支流を遡ってみた。堰堤の下まで歩き、落下する水で「修行」をし、強くなって戻ってきた。川は今年3度目だが、たぶんこれが幼稚園生活最後の川遊び。
210909ball.JPG
止まっているボールを空振りしないで蹴るのがやっとの満3歳児もいれば、チームを決め、縦横無尽に走って豪快なシュートを決める年長児もいる。園児と言っても1年生と6年生ぐらいの違いがあり、それだけ育ちの幅があるが、互いにつながっている。それが幼稚園。
210909mitsuba.JPG
満3歳児クラスの降園前。予想外の落ち着きで手遊びなどを楽しんでいるのは、部屋が孤立しているだけの理由ではなく、他のクラスがこの時期で落ち着いているからだろうと思われる。4月はどうしても園全体がバタバタしがちなのだ。と、ちょっと反省。
posted by Kaede at 18:13 | 園長のきまぐれ保育日誌
2021年09月08日

初弁当

210908bento.JPG
満3歳児「みつば組」も今日からお弁当。朝から楽しみでフライングをする子や、他の子のお弁当につい手が出てしまう子もいた。ちょっと様子を見に行った私も、子どもたちの相手をしているうちに帰れなくなってしまった。食事中気が散りがちなY君に「おにぎりが逃げたがってるよ」と声をかけると、戻ってきてむんずと掴み、大きな口を開けた。とにかく一人一人の個性が面白くてしかたない。
210908apron.JPG
年少H組にて。絵の具で絵を描いた後、用具をきれいに洗い上げる3人娘。エプロンが似合ってるよ。
210908tsumiki.JPG
年少T組の積木コーナー。「動物の行列だよ」
210908rain.JPG
雨上がり。一番に出てきたのはみつば組の子、そして年少の子。雨も秋の気配だ。
続きを読む
posted by Kaede at 17:28 | 園長のきまぐれ保育日誌
2021年09月07日

幸せ感

210907shobel.JPG
園庭にダンプで下ろしてもらった砂を砂場に補充する作業もぼちぼち進んでいる。大人がはじめると子どもが寄ってくるのが普通のパターン。そして大人用の道具を使いたがるのも常。年少のK君も大人用スコップを砂山に突き立てようとしたが、手をいっぱい広げても、体重を全部かけても難しーい。
210907sand.JPG
年長の男子たちは、大人が運ぼうと思って砂を山積みにした一輪車に挑戦。向きを変えるだけでも四苦八苦だったが、何とか砂場まで到達。片づけ時間はかなり超過したが、心と力を合わせた8人にあっぱれ!
210907mitsuba.JPG
満3歳児みつば組での年長T君。お兄ちゃんにやさしく遊んでもらったSちゃんも幸せだっただろうが、T君もそれに劣らぬ幸せ感を受け取っているはず。
210907acom.JPG
2回のバルコニーから見た、かえでの森のコナラの大木。今年は例年以上にドングリが豊作のように見える。これから降るように落ちてくるぞ。
posted by Kaede at 19:03 | 園長のきまぐれ保育日誌
2021年09月03日

応援

210903mitsauba.JPG
開始して3日目の満3歳児クラス。雨だったこともあるのか、部屋の中で好きな遊びを見つけて集中する姿も多く見られれた。泣き声もほとんど聞かれなくなった。他のクラスから距離的に離れているのも、落ち着ける要素かもしれない。
210903cheer.JPG
年長T組の女子たちがチアリーダーチームを作り、こもれびホールでクラスの子に披露した。「面白そうなこと」に敏感な年少児たちがやって来たが、すでに終わっていた。「残念!」と言っていたら、チアリーダーたちがすぐに再集合し、アンコールの会を開いてくれた。
210903koma.JPG
コマ回しをがんばっている子の応援にもチアリーダーたちはやって来る。S君が5回目に挑戦したが、残念ながら失敗。成功したときの回りの子たちの反応はときもステキだが、失敗したときの表情も私は好きだ。申し訳ないけど。

posted by Kaede at 17:39 | 園長のきまぐれ保育日誌
Powered by さくらのブログ