かえで幼稚園の子どもたちは自然に囲まれた中で頭と体と心をフルに使って遊びを創り続けています。(広島県廿日市市:宮島を見下ろす高台の幼稚園)

2021年09月27日

秋らしく

210927rellay.JPG
年長A組がリレーごっこをやっていた。2チームに分かれ、人数を揃えてやるのは初めて。最終走者になり、ゴールテープを張って待っていたら、近くに座って見ていた年少のS君が走り出して一瞬早くテープを切ってしまった。一同唖然。でも、だれも怒らなかった。
210927pingpong.JPG
預かり保育「そよかぜくらぶ」の子たちが木陰で卓球を楽しんでいた。うちの園では多分初登場の遊びだが、ネットは段ボール。ラケットはうちわ。両手に持った子もいる。
210924higan.JPG
お彼岸も終わり、ヒガンバナも終わった。しぼんだのではなく摘まれて。
210922ine.JPG
穂が垂れてきた園庭の田んぼ。こうしてみると豊作のようだが、今年は長雨による日照不足が中身にどう影響しているか心配。
posted by Kaede at 18:57 | 園長のきまぐれ保育日誌
2021年09月24日

真似と工夫

210924rope.JPG
年少S組は初めての綱引きをこもれびホールでやってみた。はじめは「このひも何?」という感じだったが、すぐに要領をつかみ、担任一人が相手では子どもたちが圧勝。そこで第2戦は私も加わったが、接戦の結果子どもたちの連勝。跳び上がって喜ぶのには練習は不要。(職員撮影)
210924cutter.JPG
年長組では、今日もゲームに向けての道具作りが進められていた。大きなものを作るには段ボールを専用のカッターで切らなくてはならないが、うまく切るには、どうやってしっかり支えるかがポイント。T君の両足はさみ作戦は熟練の技。
210924soji.JPG
金曜日の午後の片付けは大そうじをすることになっているが、雨などが重なり、今日が初となった満3歳児たちも、見よう見まねで加わっていた。真似ることは悪いことではない。自分で観察し、意欲を持ってやってみようとする、とても主体的な行動。「まねる」は「学ぶ」の語源だとする説もある。
210924insects.JPG
大そうじのためにクッションマットがめくられた地面は、幼虫探しの絶好ポイント。生物部の子たちの目は輝き、いつしかほうきは放り出される運命に。
続きを読む
posted by Kaede at 18:19 | 園長のきまぐれ保育日誌
2021年09月22日

運動会モード

210922start.JPG
年中2クラスが、昨日園庭に引いたトラックを半周回るかけっこを行った。スタートラインにつく子どもたちはやる気十分。仲良し同士で走るのだが、こうなれば負けたくない。いよいよ運動会の機運が高まってきた。
210922mitsuba.JPG
年中を見ていた年少児たちも初めてのかけっこをしてみた。するとそれを見ていた満3歳児の子たちも「やりたーい」と言い出したので、ゴールテープに向かって走ってみることにした。何事にも前向きな満3歳児たち。一度で競う魅力に取り憑かれたのか、走り終えるとそのままスタートラインに戻って、また走ろうとする子が相次いだ。
210922pool.JPG
年長のクラス対抗ゲームは、昨日の1回戦を受けてルールを一部変更。2クラスを集め、ボールを出す側のプールの下にブルーシートを敷き、その範囲を踏んではいけないことなど変更点の説明会を行った。距離をとることでさらなる工夫を引き出すのがねらい。説明会の後、子どもたちは早速立入禁止ゾーンでの距離感を確かめていた。
210922nencho.JPG
ルール変更に合わせた道具作りも早速始まっていた。A組ではボールをどんどん運べるよう、段ボールのすべり台を作って実証実験。
posted by Kaede at 21:16 | 園長のきまぐれ保育日誌
2021年09月21日

秋到来

210921line.JPG
運動会に向けてトラックのラインとなるロープを引く作業を行った。去年は新園舎の工事のこともあり、トラックを描かなかったので、子どもたちが釘を打ち付ける作業も2年ぶり。
210921power.JPG
出来上がったら子どもたちは早速試走したり、乗り物遊具で回ってみたりしていた。年少のSちゃんは、ままごとのガソリンスタンドから燃料を直接補給!こうすると早く走れるんですって。ホントにやっちゃダメよ。
210921game.JPG
年長のクラス対抗ゲームの1回戦を行った。いよいよ実戦のスタートである。遠くで見ていた満3歳児が「私たちもあれ、やりたーい」と言っていた。結果はT組が小差で勝ったが、思ったよりも簡単そうなので、次回からハードルを上げるべく、試合後には大人もあれこれと知恵を絞る。程よく楽しいハードルにするために。
210921bakery.JPG
さわやかな秋晴れでもあり、園庭の奥にある木陰のオープンカフェは大にぎわい。ままごとハウスの中にあるパン屋さんのキッチンは、カウンターに並んだお客への対応で大忙し。
posted by Kaede at 23:31 | 園長のきまぐれ保育日誌
2021年09月17日

ツアー

210917chorus.JPG

年少T組の子たちが手作り楽器を下げて「T組合唱団」を結成。隣のクラスを皮切りに、職員室を含む全クラスで演奏を披露して回った。評判が評判を呼び、最後の年中T組では、「追っかけ」で来た他のクラスの子も含む聴衆を巻き込んで大盛り上がり。

210917hall.JPG

すっかり気をよくした合唱団は、最後はこもれびホールで大コンサート。客演指揮者は年長のCちゃん。全国ツアーのファイナルは武道館で、みたいな感じかな。

210917tower.JPG

幼稚園のランドマークでもある「風の塔」は甘くない遊具。やっと2階へ上がっても、3階に上がるにはわずかな足がかりを使って柱をよじ登るしかない。でも満3歳児でも果敢に挑む子が増えてきた。そして登れた子もいる。甘かったら手ごたえも喜びも少ない。

210917locker.JPG

ロッカーに住みついている妖怪箱入り娘。うっかりしていると気付かずに通り過ぎてしまう。こわいこわい。




posted by Kaede at 15:33 | 園長のきまぐれ保育日誌
Powered by さくらのブログ