かえで幼稚園の子どもたちは自然に囲まれた中で頭と体と心をフルに使って遊びを創り続けています。(広島県廿日市市:宮島を見下ろす高台の幼稚園)

2020年11月20日

本番前夜

「そうさくらんど2020」前日。各クラスでは子どもたちとともに最後の飾り付けが行われました。では、7クラスの様子を、見せすぎない程度にご紹介します。
20111801.JPG
「海辺の街」がテーマの年少T組。ネーミングにぴったりのカラフルな屋根のお家が素敵。
20111802.JPG
年少H組には大きな家が。どのクラスの子にも大人気でしっかり遊び込まれています。外にはずらりと並んだマイカー。
20111803.JPG
映画館がある年少S組。反対側に置かれたのはおびただしい数の工作の山。明日には宝の山に見えるでしょう。
20111804.JPG
見どころ駅が環状線になっているのは年中H組。中でも恐竜たちの大きな絵が目を引きます。
20111805.JPG
入ったとたん迫力満点なのは年中T組。「海に浮かぶジャングル」に隠れているさまざまな生き物を探してくださいね。
20111806.JPG
部屋中がゲームコーナーで、スタンプラリーもできる年長A組。でも並ぶときには「キープディスタンス」でお願いします。
20111807.JPG
虹が降りてきたような大屋根が目を引く年長T組。「みんなのいえ」の中は什器備品完備。外には花壇やサッカー場までありますよ。
20111808.JPG
そして預かり保育の「そよかぜくらぶ」からも、みんなで作って遊んでいる大型すごろくなどが、こもれびホールに展示されています。

さらに、今年は小規模ですが、保護者の皆さんの作品も、こもれびホールの一角でキラリと光っています。

「そうさくらんど2020」どうぞお楽しみに!
posted by Kaede at 16:39 | 園長のきまぐれ保育日誌
2020年11月19日

仕上げ

201119nencho.JPG
「そうさくらんど」を2日後に控え、年長T組では「ウエルカムボード」を作ったが、文字を書いて乾かして並べてみると、あれ?少し足りないぞ。急いで書き足さなくちゃ。

半袖になる子もいるほどの暖かさ。新園舎の工事も順調に進み、屋根がほぼ出来上がったようだ。今晩から雨らしいので間に合ってよかった。工事もあと1か月となったが、来週足場が取れると完成に近い形がすっきりと見えるだろう。
201119ensha.JPG
posted by Kaede at 18:27 | 園長のきまぐれ保育日誌
2020年11月18日

見てもらう

201118theateer.JPG
年少S組の映画館は年長の子たちに大人気。よく来て遊んでいる。映画よりも食べ物の方に力が入っているので、たくさん買い込んでドリンクホルダーもついている席に座ると、もう食べるのが忙しくて映画どころではない。

みんなのどろだんごを飾る予定の年中T組。自慢の一品を仕上げようとどろだんご場に向かう。年中になると「見てもらうために作る」という意識も自然に強くなってくるようだ。
201118nenchuu.JPG
posted by Kaede at 17:58 | 園長のきまぐれ保育日誌
2020年11月17日

お迎え

201117nensho.JPG
部屋の入口に一人一人の手形で作ったボードの貼り付け作業を行っているのは年少H組。もの作りは続いているが、大きな節目である「そうさくらんど2020」を4日後に控え、お客様を迎えることも少しずつ意識しはじめている。

園庭の土山に生えているナンキンハゼがあまりにも赤すぎて、二輪車で駆け下りようとしている年中児たちの頬も赤く染まりそうだ。園庭でも紅葉の主役は日に日に代わっていく。
201117nenchu.JPG
posted by Kaede at 18:32 | 園長のきまぐれ保育日誌
2020年11月16日

真剣

201116needle.JPG
年長に影響を受けたのか、年中にもぬいぐるみ作りが広がっている。本物の縫い針を使うのも同じ。そして少し危険な物を扱うときの緊張感は年長以上のように見える。真剣さは、子どもたちにとってかけがえのない「手ごたえ」の表れでもある。

年長T組の部屋にサッカー場が出現。畳1枚あまりの広さだが、得点係を含めた5人が真剣にプレーしている。クラスのテーマは大きな家だが、そこはサッカー場もある豪邸だったのだ。子どもたちにとって、作り、再現してこそ体験は本物になる。
201116soccer.JPG
posted by Kaede at 23:12 | 園長のきまぐれ保育日誌
Powered by さくらのブログ