かえで幼稚園の子どもたちは自然に囲まれた中で頭と体と心をフルに使って遊びを創り続けています。(広島県廿日市市:宮島を見下ろす高台の幼稚園)

2021年02月18日

力作

210218snow.JPG
今年一番の雪が降り、朝の園庭は白一色だったが、朝日が出るとどんどん消えたので雪遊びも束の間。遅くまで雪が残っていた新園舎のウッドデッキにはたくさんの子が集まり、さながら雪玉工房となった。
210218ohanashi.JPG
その新園舎に年長A組が集まり、ボランティアの方に来ていただく本読み会が行われた。思えばずいぶん久しぶりである。
210218nensho.JPG
年少H組では、来月のおわかれ会で年長児に贈るプレゼント作りが行われていた。小さなビンに詰めているのは園庭で見つかる小さな貝殻。
210218ehon.JPG
年長T組のYちゃんが作ったのは小さな絵本。自分たちが作った劇の筋をていねいに追った力作で、卒園の記念に園庭に埋めるタイムカプセルに入るようなサイズにしたらしい。何よりの記念になるね。
posted by Kaede at 23:03 | 園長のきまぐれ保育日誌
2021年02月17日

春待つ

210217snow.JPG
気温が下がり、雪が舞った。積もるほどではなかったが、葉っぱの上などには「プチ積雪」。かすかな雪を集めて雪玉を作る子もいた。
210217stove.JPG
子どもも風の子ばかりではない。まずは火の前でまったり過ごした後、ゆっくりと始動するタイプの子だっている。お好みのポジションはそれぞれ違う。
210217tower.JPG
「てっぺんは ふねもみえるぞ かぜのとう」(かえで幼稚園カルタより)
210217plum.JPG
今日は冷えたが、園舎の南側にある梅はどんどん花を増やしている。「春待つや空美しき国に来て」佐藤紅緑(かえで幼稚園カルタではありません)
posted by Kaede at 21:55 | 園長のきまぐれ保育日誌
2021年02月16日

セールス

210216scalino.JPG
今年の子たちはあまり興味を示さなかった積木で組み立てるビー玉ころがしだが、ここに来て年長T組では熱を帯びてきた。つなげた溝をビー玉がうまく転がっていくと注がれていた目が輝き、落ちると「アー!」と一斉に声が上がる。成功しても失敗しても一体感は味わえる。
210216kataduke.JPG
片付けの時間。放し飼いにしているウコッケイのシーちゃん、クーちゃんも小屋に入ってもらうのだが、これを誘導するためには、近づく方向と距離感をつかむのが案外難しい。今日は大成功。
210216dango.JPG
「どろだんご さらこなパワーで ぴっかぴか」(創立40周年記念かえで幼稚園カルタより)
210216karuta.jpeg
そのカルタも外箱の見本ができ、いよいよ完成が近づいてきました。間もなく注文の受付をはじめます。断っておきますが、少部数なので高価です。でも、すごくいい記念です。ぜひぜひ買ってください。よろしくお願いします。
posted by Kaede at 18:15 | 園長のきまぐれ保育日誌
2021年02月15日

陽射し

210215ike.JPG
気温がぐっと上がった雨上がり。園庭にできた水たまりでは裸足になった年長の乙女たちが水と戯れていた。「こっちは暖かーい」などと言いながら。私も久しぶりに外でお弁当を食べたが、陽射しが心地良かった。
210215ningyo.JPG
劇あそびの会が終わったこもれびホールには、7段飾りのひな人形が出された。人形だけで15体もあるので、写真を参考に付属品を飾っていく。
210215sign.JPG
玄関にある劇団風の子の色紙に並べて飾られたのは、年長2クラスの子が劇の演目にサインした色紙。いよいよ本物の劇団を目指すようである。
210215koma.JPG
「こままわし 5かいめまわすぞ どきどきどき」(創立40周年記念かえで幼稚園カルタより)
posted by Kaede at 17:14 | 園長のきまぐれ保育日誌
2021年02月12日

粘り勝ち

210212nensho1.JPG
劇あそびの終わったこもれびホールには、大型箱積木などいつもの遊びが戻ってきた。今日は年少S組が目いっぱい使って体操教室(?)。肩を組んでの飛行機ポーズは難しい。
210212nensho2.JPG
年少T組では、なぜか大きなもの作りがリバイバル。「三びきのこぶたの家を作る」と張り切って絵の具を塗る二人。年中や年長の立派な大道具が刺激になっているのは間違いない。
210212rainbow.JPG
年中H組の床で妖しい光をM君が発見。太陽光がアクリル容器を通してこんな色になったようだ。「レインボー色だ!」「ふしぎだね。太陽の力が強くなったからかな」「ここからがきれいだからこっちから撮って」「いい写真が撮れたね!」「良かったね」「プリントして。ママに見せたいから」「待ってるから」などと、私の側をずっと離れない。粘り勝ちでプリントをゲット。
210212nazuna.JPG
劇に見とれている間に、園庭の田んぼではナズナやハコベが花を咲かせていた。今日は旧正月。
posted by Kaede at 15:53 | 園長のきまぐれ保育日誌
Powered by さくらのブログ