かえで幼稚園の子どもたちは自然に囲まれた中で頭と体と心をフルに使って遊びを創り続けています。(広島県廿日市市:宮島を見下ろす高台の幼稚園)

2021年10月16日

合宿保育2日目

合宿2日目もさわやかな朝。
211015gazsshuku9.JPG
朝食は和風。味噌汁用に用意したネギを、だれかがご飯にかけたことから、われもわれもとネギご飯が大流行。「おいしいー!」という声も。一晩で大人になったか。
211015gazsshuku10.JPG
散歩、体操などの後はいつもは出していない遊びも楽しんだ。大型トランプもその1つ。
211015gazsshuku11.JPG
グループごとに整列する時には、班長さんが持つカラー団扇が目印。もっとも班長は固定ではなく、その時都合のいい子がやる。
211015gazsshuku12.JPG
終わりも近づき、自分たちの部屋とこもれびホールを大そうじ。
211015gazsshuku13.JPG
終わりの会では「身長は変わってないけど、心は大きくなってるよ」と話した。そう、今流行の非認知能力というヤツ。見えない成長を胸に、迎えに来た母親の元へ。お疲れさん。
posted by Kaede at 00:00 | 園長のきまぐれ保育日誌
2021年10月15日

合宿保育1日目

1泊2日の年長合宿保育が、予定より遅れて実施された。運動会の翌週というタイトな日程だが、緊急事態を避けるためなのでやむを得ない。
211015gazsshuku1.JPG
年中以下の子も金曜日の保育はあるから朝のバスはいつもと一緒。物珍しそうに眺める小さい子たちの前を、年長児たちが大荷物を抱えて登園。
211015gazsshuku2.JPG
「腹が減っては戦ができぬ」まずはご飯作り。
211015gazsshuku3.JPG
工作などのコーナーも普段以上に素材を用意した。タイタニックが大好きなT君。フェルトを縫い合わせ作るぬいぐるみも、やっぱりタイタニック。
211015gazsshuku4.JPG
外での遊びも盛りだくさん。集団かくれんぼ、鬼ごっこ、ぐるぐるじゃんけんなど。今日は実によく走った。
211015gazsshuku5.jpg
夕方、キャンプファイヤーに向けて有志が取り組んだのが火起こし。現代版の火打ち石を使い、まず麻ひもに火をつけるが、今日は子どもの力ではつかなかった。
211015gazsshuku6.jpg
大人がつけた火を大きくして楽しんだキャンプファイヤー。1か月遅れだが、この時期も悪くない。
211015gazsshuku7.jpg
花火を楽しんだ後は、有志だけ参加の肝試し。暗い保育室の中で変なものが動いていた。キャー!逃げろ−!
211015gazsshuku8.jpg
盛りだくさんの一日だったが、一番の山場はみんなで寝ること。なかなか寝つけない子もだんだん静かになっていく。あそび疲れて寝る子は育つ。
posted by Kaede at 00:00 | 園長のきまぐれ保育日誌
2021年10月14日

明日に備えて

211014niji.JPG
年少T組に長い筒が立てられ、たくさんの絵の具が溶かれていた。「虹色の木」を作るんだそうだ。「葉っぱも虹色がいい!でも上の方は届かないから、どうしたらいいんだろう?」健闘を祈る。
211014kamakiri.JPG
カマキリが捕まった。虫の少ない今年の秋だからか、飼育箱に入れたり出したり、棒に掴まらせたり虫眼鏡で覗いたり、さんざんいじられる。親しみと好奇心の表現なのだが、幼稚園にやって来た生き物は忍耐強くなくてはいけない。
211014bunkai.JPG
年長T組では、運動会のクラス対抗ゲームで使った道具たちの片付けが行われていた。持ち帰るものを除き、分解したりたたんだりして、明日からの合宿保育に備える。
211014accident.JPG
追突事故
続きを読む
posted by Kaede at 16:38 | 園長のきまぐれ保育日誌
2021年10月13日

収穫

211013inekari.JPG
運動会が終わるのを待っていたかのように、年長は園庭の田んぼで稲刈りを行った。1年の中でも田植えと並んでハイライト的な作業。軍手をはめた左手で太く実った稲の株をつかみ、右手に持った鎌を引いて「ザクリ!」と刈る。うまくいくとクセになる。刈った稲は天日干しをする。
211013plan.JPG
その年長は明後日から1泊2日の合宿保育に入る。今日は2日間のスケジュールが書かれた大きな模造紙がこもれびホールに張り出された。間には子どもたちが描いたイラストもある。運動会に続くタイトな日程だが「いよいよ」という気分になる。
211013mori.JPG
緊急事態宣言で休止していた未就園の親子の子育て支援「かえでっこくらぶ」も、昨日から人数を絞って再開。今日は一人一人が紙のポシェットを作り、どっさり落ちているドングリを拾いに「かえでの森」に出かけた。でも蚊がまだ多いので、ちょっとだけ。
211013kaki.JPG
園児のおばあちゃんにいただいた渋柿をむいて吊してみた。1回目は日当たりが悪いところだったのでカビが生えて失敗したが、新園舎の軒下に吊したところ、何だか美味しそうな色になってきた。
posted by Kaede at 17:49 | 園長のきまぐれ保育日誌
2021年10月12日

新たなステージ

211012mad.JPG
久しぶりの雨が降り、運動会が終わった園庭が泥んこになった。運動会も楽しかったけれど、こういうのも大好きな年少児。
211012dish.JPG
皿回しに挑む年長のSちゃん。運動会では応援に熱を入れていたが、興味を持ったことを存分にやることが次の興味につながる。
posted by Kaede at 21:19 | 園長のきまぐれ保育日誌
Powered by さくらのブログ