かえで幼稚園の子どもたちは自然に囲まれた中で頭と体と心をフルに使って遊びを創り続けています。(広島県廿日市市:宮島を見下ろす高台の幼稚園)

2022年07月14日

もうちょっと

220714kusu.JPG
園内一の大木であるクスノキの高いところにセミの抜け殻を見つけた年長児。背の高いA君が登って身を伸ばしたが50cmぐらい届かない。すると見ていた子たちが次々と落ちている枯れ枝を探してきて渡す。徐々に前より長い枯れ枝を見つけてくるようになり、ついに大成功。そのA君は「オレはいらん」とあっさり権利放棄。
220714tanjo.JPG
7月の誕生会では、職員が初めての楽器、トーンチャイム(借り物)に挑戦。途中で年長の誕生児に参加してもらったり、砂浜の画像を流したりしながら、夏にちなんだ曲を披露した。子どもたちも美しい音に聞き入っていた。(職員撮影)
220714koshu.JPG
誕生会の後、先日消防の講習を受けた年長A組の子たちが、参加しなかったT組の子たちに伝達講習を行なった。煙が充満したところでは四つ這いで逃げるんだよ、という場面。楽しそう。
220714baseball.JPG
地元廿日市市は、実は「女子野球タウン」の認定を受けている。マスクをかぶったキャッチャー(男子)にも注目。
posted by Kaede at 16:56 | 園長のきまぐれ保育日誌
2022年07月13日

スイカ三昧

220713nensho.JPG
大きなスイカをいただいた。ちょうど体重測定をしていたので測ってみると10kg以上あった。年少児が「持ってみる」と次々挑戦したが、何しろ丸いので持ちにくい。明日まで冷やしておこう。
220713nenchu.JPG
年中T組はスイカ割りを楽しんだ。といってもこちらはビーチボールのスイカ。
220713nencho.JPG
そして、プールでの特大スイカは相変わらず人気。夏の空によく似合う。保育中のプールは今日で終わり。
220713semi.JPG
年少ではセミに抜け殻集めが大流行。生物部にも段階があって、まず初級はセミの抜け殻やダンゴムシ。中級がバッタやクワガタムシ。そして上級者が目指すのはセミ、トンボ、トカゲなど。特にトカゲ、カナヘビは垂涎の的。
posted by Kaede at 00:00 | 園長のきまぐれ保育日誌
2022年07月12日

世のため

220712shoka.JPG
廿日市市消防から急遽依頼があり、横浜から来られた講師を迎えて、火事の時に子どもが自分で身を守る行動についての講習を受けた。人数が限られるので年長A組のみが参加。実はこの様子はビデオ撮影され、消防職員の研修に使われるということなので、子どもたちも世の役に立つことになる。
220712tokage.JPG
園庭の土山にある土止め用の古い電柱は、中央部からだんだん腐食してきているが、これを手で掘り進める子たちがいる。こういうところにトカゲの卵があるといい、実際にゲットした子や、その卵の孵化に成功した子もいる。穴はほとんど手が届かないほど深くなった。科学する心。
220712pool.JPG
プールにて、年長の潜れる子を防水カメラで撮影。
220712dango.JPG
どろだんごを撮ってもらうとき、こんなポーズはどうかしら。
posted by Kaede at 16:30 | 園長のきまぐれ保育日誌
2022年07月08日

予定外

220708nensho.JPG
通常ならプールはしない金曜日だが、あまりにも暑いし、川遊びが思うようにできないこともあるので、臨時に全クラスのプール遊びを行った。年少ではクラス対抗の水かけ合戦や、担任一人ずつへの集中水かけを楽しんだ。
220708nenchu.JPG
年中では大きなビーチボールが大人気だが、みんなが追いかけるとプールの隅で動けなくなってしまうこともしばしば。「はい。ブレーク、ブレーク」
220708nencho.JPG
年長ではビーチボールの扱いもうまくなり、膠着してしまうことも少なくなる。写真はプールで「だるまさんがころんだ」を楽しむT組の子たち。これも楽しい。
220708ume.JPG
園で収穫した梅で作ったジュースもほとんどなくなった。年少S組では最後のエキスでゼリーを作って食べた。かなり酸味があったが、食べた子は「すっぱかった、すっぱかった」と言いつつも、食べられたのがどこか得意そうな表情。
続きを読む
posted by Kaede at 20:34 | 園長のきまぐれ保育日誌
2022年07月07日

願い事

220707tanabata1.JPG
こもれびホールに飾られた笹、JR宮島口駅に置かせていただいた笹など、園児やたくさんの人たちの願いがこもった笹を、園児一人一人が園庭で火に投げ入れて天に届ける、七夕行事を行った。
220707tanabata2.JPG
火にくべてお祈りした後は恒例のかき氷大会。園児にとっては願い事が叶うかどうかよりも、何味の氷にするかの方が重大問題のようだ。
220707tanabata3.JPG
燃え終わった灰は畑に撒くが、その時銀紙の燃え残りが邪魔になる。火バサミで取り除いていると、年長女子たちが協力してくれた。そして小さい小さい破片まで見つけてくれた。こういう時の徹底ぶりは、せっかちな大人にはなかなかマネできない。
220707zigzag.JPG
年長組に出してみたのは、ジグザグゲームという斜面の傾きを調整しながら玉を転がし、落ちないようにゴールを目指す遊具。集中力が鍛えられますよ。
220707soyokaze.JPG
ギターを担いだお兄さんは、神奈川県から4日間限定でやってきた保育者Rさん。今日は預かり保育「そよかぜくらぶ」の子どもたちと賑やかに歌遊び。
posted by Kaede at 18:42 | 園長のきまぐれ保育日誌
Powered by さくらのブログ