かえで幼稚園の子どもたちは自然に囲まれた中で頭と体と心をフルに使って遊びを創り続けています。(広島県廿日市市:宮島を見下ろす高台の幼稚園)

2023年01月19日

名作

230119geki.JPG
1月の誕生会では、職員の劇に年長の誕生児も加わってもらい、「てぶくろ」を演じた。子どもたちには出演のことすら予告していなかったが、よく知っている話だけに、すぐに役をこなしてくれた。写真は犬が吠えて動物たちが散り散りに逃げていくクライマックスの場面(職員撮影)
230119tebukuro.JPG
誕生会終了後の会場片づけはいつも年長児がやってくれるが、今日は片づけもそこそこにステージにある手袋にみんな入りたがった。名作が持つ力は大きい。
230119bridge.JPG
年中T組のバルコニーに干してある物体。「これは何?」「橋。まだ踏まないで。ペンキ塗り立てだから」。新しい世界ができ始めている。
230119oni.JPG
「これ、なーんだ?」「うーん?、タケノコ!」「ブブー。鬼でした」。なんと立派な角。


posted by Kaede at 15:43 | 園長のきまぐれ保育日誌
Powered by さくらのブログ