かえで幼稚園の子どもたちは自然に囲まれた中で頭と体と心をフルに使って遊びを創り続けています。(広島県廿日市市:宮島を見下ろす高台の幼稚園)

2022年09月30日

前のめり

220930ouen.JPG
年長には、運動会で自分が選んだ技を一人一人見ていただく種目があるが、今日はその予行。サッカー、縄跳び、虫取り、木登りなど多彩な内容だが、「応援」を選んだ子もいる。これは様々な技に挑む仲間に声援を送るグループ。
220930nenchu.JPG
年中T組では、窓に青いシートを貼って海の中の世界を作っていた。魚や海草だけでなく、釣り人も再現されている。バルコニーからこちらを見ている子は、まるで海に潜っているように見える。
220930rellay.JPG
昨日リレーを行った年長は、朝からリレーごっこで盛り上がっていた。早くバトンをもらいたいから、リレーゾーンが、元の白線からどんどん前のめりになってしまう。
220930nensho.JPG
年少S組のままごとコーナーをのぞいたら、「キャー!お客さんが来たー!。まだ作り中でーす!」と言われた。「できたら呼びに行きまーす」とも言われたが、その後音沙汰はなかった。
220930kaiho.JPG
今日は毎月3回程度行われる、未就園児親子対象の園庭開放日。普段は豪快に走るゴーカートを、ベビーカーのように優しく押す、年長のWちゃん。


posted by Kaede at 15:02 | 園長のきまぐれ保育日誌
Powered by さくらのブログ