かえで幼稚園の子どもたちは自然に囲まれた中で頭と体と心をフルに使って遊びを創り続けています。(広島県廿日市市:宮島を見下ろす高台の幼稚園)

2022年08月26日

新しい個性

220826mensetsu.JPG
9月からスタートする満3歳児「みつば組」に入る園児親子と担任との面談が行われた。楽しみにしている子、行きたくない子などいろいろだが、新たな14の個性との出会いが楽しみだ。帽子は黄緑色。
220826tree.JPG
毎年どんどん成長する木々のおかげで、豊かな園庭環境が生まれるのだが、少し繁りすぎて風通しが悪くもなっている。そこで風の通り道を作る伐採を行った。かなり汗をかいたつもりだが見た目の変化はごくわずか。息の長い作業になりそうだ。
220826entei.JPG
園庭に撒かれた怪しい白い薬剤。これは土の湿度を適度に保つためのもので、砂埃が減ったり、滑って転びにくくなる効果が長持ちする。2日ぐらいで完全に溶けるが、もちろん人体に害はありません。


posted by Kaede at 00:00 | 園長のきまぐれ保育日誌
Powered by さくらのブログ