かえで幼稚園の子どもたちは自然に囲まれた中で頭と体と心をフルに使って遊びを創り続けています。(広島県廿日市市:宮島を見下ろす高台の幼稚園)

2022年07月21日

プール開放

220721pool.JPG
夏休み恒例のプール開放も3年ぶり。心配された雨も降らず、昨日から地域ごとに時間を決めて行なっている。程よい参加人数でクラスを超え伸び伸びと楽しめた。緑のテントの下では、最終日となった親子登園「かえでっこくらぶ」の子どもたちが、小さいプールを楽しんでいる。
220721tsubame.JPG
2階の軒下にコシアカツバメの夫婦が来て、古い巣のリフォームに精出している。何年ぶりだろうか。徳利を半分に割ったような形が特徴だから、入り口がもう少し細長くなったら完成。夏休み中の子育てが楽しみ。
220721dango.JPG
かえで幼稚園企画の研修もこの夏で3年目。今年のテーマは「子どもたちの人気者、ダンゴムシとのつきあい方」。他園、一般の申し込み枠17名もすぐに埋まった。様々な実験も予定しているが、そのために一部のダンゴムシたちは、水分だけの断食道場に入っていただくことになった。



posted by Kaede at 00:00 | 園長のきまぐれ保育日誌
Powered by さくらのブログ