かえで幼稚園の子どもたちは自然に囲まれた中で頭と体と心をフルに使って遊びを創り続けています。(広島県廿日市市:宮島を見下ろす高台の幼稚園)

2022年07月08日

予定外

220708nensho.JPG
通常ならプールはしない金曜日だが、あまりにも暑いし、川遊びが思うようにできないこともあるので、臨時に全クラスのプール遊びを行った。年少ではクラス対抗の水かけ合戦や、担任一人ずつへの集中水かけを楽しんだ。
220708nenchu.JPG
年中では大きなビーチボールが大人気だが、みんなが追いかけるとプールの隅で動けなくなってしまうこともしばしば。「はい。ブレーク、ブレーク」
220708nencho.JPG
年長ではビーチボールの扱いもうまくなり、膠着してしまうことも少なくなる。写真はプールで「だるまさんがころんだ」を楽しむT組の子たち。これも楽しい。
220708ume.JPG
園で収穫した梅で作ったジュースもほとんどなくなった。年少S組では最後のエキスでゼリーを作って食べた。かなり酸味があったが、食べた子は「すっぱかった、すっぱかった」と言いつつも、食べられたのがどこか得意そうな表情。



posted by Kaede at 20:34 | 園長のきまぐれ保育日誌
Powered by さくらのブログ