かえで幼稚園の子どもたちは自然に囲まれた中で頭と体と心をフルに使って遊びを創り続けています。(広島県廿日市市:宮島を見下ろす高台の幼稚園)

2022年01月12日

リハーサル

220112kendama.JPG
昨日のけん玉名人のパフォーマンスを受け、年長の部屋にはけん玉が用意された。早速挑む子が続出。
220112fishing.JPG
一方、満3歳児が手繰っているのは魚釣りの竿。次は魚を作らなくちゃ。
220112mochi.JPG
年長児たちは、明日に予定されているもちつきのためのリハーサル。餅に見立てたタオルに向けて一人ずつ杵を落とす。満3歳児の子たちも遠くから見学。
220112purple.JPG
タイヤと丸太で作られた飛び石で遊ぶ年長児たち。こんな色のジャンパーが流行っているらしい。ちなみにタイヤは過去の卒園生が埋めているタイムカプセルの位置を示す表示。


posted by Kaede at 22:59 | 園長のきまぐれ保育日誌
Powered by さくらのブログ