かえで幼稚園の子どもたちは自然に囲まれた中で頭と体と心をフルに使って遊びを創り続けています。(広島県廿日市市:宮島を見下ろす高台の幼稚園)

2022年01月11日

日常

220111kendama.JPG
3学期の始業式は、いつもより会場を広く使って行い、けん玉名人の保護者Sさんを迎えて、さまざまな技を見せていただいた。基本的なものばかりだが、それでも簡単ではない。一番受けたのは「けん」の部分を額に固定する「カブト虫」かも。
220111violin.JPG
朝やってきた瞬間から、子どもたちは友だちとの関わりやもの作りにパワー全開。あっと言う間に日常が戻ってきた。年長のMちゃんが弾いているのはヴァイオリン。
220111warabe.JPG
大声を出したくなるような歌はなるべく控えているが、年長T組で歌われていたのは、お正月にちなんだもちつきのわらべ歌。手の動きは少し難しいが、静かな声で進む。


posted by Kaede at 21:33 | 園長のきまぐれ保育日誌
Powered by さくらのブログ