かえで幼稚園の子どもたちは自然に囲まれた中で頭と体と心をフルに使って遊びを創り続けています。(広島県廿日市市:宮島を見下ろす高台の幼稚園)

2021年12月01日

師走

211201nenchu.JPG
年中2クラスの大型共同制作もどんどん進み、細かい歯とちっちゃい目がついた。特徴を良く捉えている。ちなみに口は子どもを1人飲み込めるぐらい大きい。
211201sumire.JPG
年少S組で制作中のものは?前足を折り曲げて水を飲むゾウさん、ではありません。年中の共同制作の過程によく似てきた。この先が楽しみ。
211201hana.JPG
年長T組の子たちが「花いちもんめ」をやっていたが、実は今日が初めて。ぎこちなかった動きも、かけ合いの楽しさが分かってくるに従いどんどん大きくなってきた。動きが大きくなりすぎて破綻する場面もあった。
211201mitsuba.JPG
今日から師走。満3歳児M組ではじまったのはアドベントカレンダーめくり。出席順に一日1枚ずつめくっていく。自分の番が楽しみだ。フライングしないでね。


posted by Kaede at 18:43 | 園長のきまぐれ保育日誌
Powered by さくらのブログ