かえで幼稚園の子どもたちは自然に囲まれた中で頭と体と心をフルに使って遊びを創り続けています。(広島県廿日市市:宮島を見下ろす高台の幼稚園)

2021年10月28日

秋満喫

211028fuyodo.JPG
サツマイモの後も何か育てたいと、年中児たちは園庭の隅にある腐葉土製作場の肥えた土をPETボトルに詰めた。大根を作るのだそうだ。へー。お手並み拝見だね。
211028sumire.JPG
かえでの森の「大きい森」に出かける機会が増えてきた。今日は年少S組がお出かけ。お話広場で歌を歌っていた、未就園児「かえでっこくらぶ」の親子に見送られて「行ってきまーす」。ちょっとお兄さん、お姉さんになった気分。
211028tanjo.JPG
午後、10月生まれの誕生会が開かれた。出し物は絵本を題材にしたサツマイモのお話。最後は年長の誕生児にも出てもらい、おいもと子どもたちが、ツルに見立てたロープで綱引き。
211028crown.JPG
本物のいもづるは、輪にして干しておくとリースの土台になる。冠にもなる。


posted by Kaede at 16:47 | 園長のきまぐれ保育日誌
Powered by さくらのブログ