かえで幼稚園の子どもたちは自然に囲まれた中で頭と体と心をフルに使って遊びを創り続けています。(広島県廿日市市:宮島を見下ろす高台の幼稚園)

2021年10月27日

ワイルド

211027bento.JPG
先週のT組に続き、年長A組の陶芸教室。今日は先週よりも暖かく、風もなく、教室が終わった後、目の前の山を見ながらのお弁当タイムも快適。
211027rock.JPG
そして、Y氏親子が重機なども使ってアトリエの向かいの土地に作られた「公園」へ。公園と言ってもこんな大岩にもよじ登れるワイルドな広場。
211027question.JPG
帰る前、「Yさん親子に質問がある人?」と声をかけると「粘土はどうやって作るんですか?」「作っているところから買ってきます」などの問答の後、「どうやって(陶芸の)技を学んだんですか?」という質問が出た。これにはしばし沈黙の後「どうやったらいいものができるかって考え続けたからかな」と娘のAさん。
211027himetsuru.JPG
年中Yちゃんが手にしている小さな花束。ヒメツルソバかな?


posted by Kaede at 22:10 | 園長のきまぐれ保育日誌
Powered by さくらのブログ