かえで幼稚園の子どもたちは自然に囲まれた中で頭と体と心をフルに使って遊びを創り続けています。(広島県廿日市市:宮島を見下ろす高台の幼稚園)

2021年10月15日

合宿保育1日目

1泊2日の年長合宿保育が、予定より遅れて実施された。運動会の翌週というタイトな日程だが、緊急事態を避けるためなのでやむを得ない。
211015gazsshuku1.JPG
年中以下の子も金曜日の保育はあるから朝のバスはいつもと一緒。物珍しそうに眺める小さい子たちの前を、年長児たちが大荷物を抱えて登園。
211015gazsshuku2.JPG
「腹が減っては戦ができぬ」まずはご飯作り。
211015gazsshuku3.JPG
工作などのコーナーも普段以上に素材を用意した。タイタニックが大好きなT君。フェルトを縫い合わせ作るぬいぐるみも、やっぱりタイタニック。
211015gazsshuku4.JPG
外での遊びも盛りだくさん。集団かくれんぼ、鬼ごっこ、ぐるぐるじゃんけんなど。今日は実によく走った。
211015gazsshuku5.jpg
夕方、キャンプファイヤーに向けて有志が取り組んだのが火起こし。現代版の火打ち石を使い、まず麻ひもに火をつけるが、今日は子どもの力ではつかなかった。
211015gazsshuku6.jpg
大人がつけた火を大きくして楽しんだキャンプファイヤー。1か月遅れだが、この時期も悪くない。
211015gazsshuku7.jpg
花火を楽しんだ後は、有志だけ参加の肝試し。暗い保育室の中で変なものが動いていた。キャー!逃げろ−!
211015gazsshuku8.jpg
盛りだくさんの一日だったが、一番の山場はみんなで寝ること。なかなか寝つけない子もだんだん静かになっていく。あそび疲れて寝る子は育つ。


posted by Kaede at 00:00 | 園長のきまぐれ保育日誌
Powered by さくらのブログ