かえで幼稚園の子どもたちは自然に囲まれた中で頭と体と心をフルに使って遊びを創り続けています。(広島県廿日市市:宮島を見下ろす高台の幼稚園)

2021年10月09日

見どころいっぱい

第41回運動会は、昨年同様学年毎に時間を変えての分散開催となったが、昨年の保護者の感想では、「他の学年も見たかったが、わが子のクラスは落ち着いて見ることに集中できた」という声も多かった。残念なことばかりではない、と前向きに捉えらて2年目に臨んだ。
211009nenchu1.JPG
年中の2クラスが対戦する綱引きでは、「ようい!」という声がかかると、子どもたちも会場も水を打ったようになった。印象的な緊迫感だった。
211009nenchu2.JPG
4人グループで扱いにくいビーチボールを運ぶゲーム。4人というのは互いの存在や役割分担が意識でき、力と気持ちを合わせているという実感がある「ちょうどいい」人数。
211009nenchu3.JPG
年中の最後は親子玉入れ。親はカゴから5m以上離れた所から玉を投げる。大人のソーシャルディスタンスが確保できるとともに、ゲームとしても面白い。
211009nensho1.JPG
初めての運動会となる年少児の最初はかけっこ。脱げた帽子を取りに戻ったKちゃんを振り向くH君。一緒に走る子は競争相手でもあり、互いに気遣う仲間でもある。
211009nensho2.JPG
クラス対抗の綱引き。今までほとんど勝った経験がないS組が、まさかの2連勝。担任のジャンプの高さにハンパない喜びようが表れている。負け続けたために、他のクラスにはないものが育ったように思う。「負け力」と名付けたい。
211009nensho3.JPG
年少最後はヒコーキになった子どもたちと親が南の島まで飛んでいって、おみやげを手に戻る種目。せめてもの旅行気分を。
211009nencho1.JPG
最後は「運動会の華」年長の登場。一人一人が選んだ種目を見てもらう「こだわり技」では失敗も多かった。野球を選んだK君。気持ちとスイングはホームランなんだけど…。
211009nencho2.JPG
雲梯を選んだMちゃん。緊張のため手に汗をかくのか、失敗する度にシャツで手をゴシゴシ拭いて何度も再挑戦した。
211009nencho3.JPG
クラス対抗ゲームは移動したボールの数を競う「たまリンピック」。今日まで1勝2敗のA組は、こんなに大がかりな装置を用意した。
211009nencho4.JPG
そして、大きいボールを取り終えたら、小さいボール用の道具に持ち替える周到な計画で臨んだが、残念ながら惜敗。でも、知恵も技もチームワークも見事だったよ。
211009nencho5.JPG
大トリは2年ぶりに復活した親子リレー。1チーム約30人がバトンをつなぐ。最高で約1周リードされた水色チームだったが、少しずつ追い上げて接戦となり、最後は大逆転で勝った。リレーは「全力」を30人分積み重ねることなのだ、と実感した。(撮影は石田哲弘氏、中丸元良)


posted by Kaede at 00:00 | 園長のきまぐれ保育日誌
Powered by さくらのブログ