かえで幼稚園の子どもたちは自然に囲まれた中で頭と体と心をフルに使って遊びを創り続けています。(広島県廿日市市:宮島を見下ろす高台の幼稚園)

2021年09月29日

注目種目

210929game.JPG
年長のクラス対抗ゲームは第2戦を行った。今回からボールが入っているプールの下に立入禁止のブルーシートが敷かれ、取り出すのが難しくなった。ボールを移す側のプールもなくなり、線だけになったので、ボールがはみ出さないような道具も作られた。子どもたちも少々苦労したが、80対72で、前回負けたA組が勝利。大いに喜んだ。負けたT組、次はどんな手に出るか。
210929baseball.JPG
もう一つ、年長ならではの種目は自分が選んだ技を披露する「こだわり技」。最近下火だった野球だが、ある子が選んだのをきっかけに、急にブームが復活した。園舎の屋上まで飛んでいくホームランも復活した。
210929tamaire.JPG
年中は、2クラス対抗で綱引きと玉入れをした。どちらも分かりやすくて練習の必要がなく、勝敗がはっきりしているのですぐに盛り上がれる。長く続いている種目には、ちゃんとした理由がある。これで何が悪い。
210929ukulele.JPG
自作の楽器での合唱団活動が盛り上がっている年少T組の子たちは、担任がウクレレにベルトを取り付けたのを目ざとく見つけ、自分たちの楽器にも肩紐を付け始めた。これで楽に立奏ができるよ。



posted by Kaede at 21:21 | 園長のきまぐれ保育日誌
Powered by さくらのブログ