かえで幼稚園の子どもたちは自然に囲まれた中で頭と体と心をフルに使って遊びを創り続けています。(広島県廿日市市:宮島を見下ろす高台の幼稚園)

2021年09月27日

秋らしく

210927rellay.JPG
年長A組がリレーごっこをやっていた。2チームに分かれ、人数を揃えてやるのは初めて。最終走者になり、ゴールテープを張って待っていたら、近くに座って見ていた年少のS君が走り出して一瞬早くテープを切ってしまった。一同唖然。でも、だれも怒らなかった。
210927pingpong.JPG
預かり保育「そよかぜくらぶ」の子たちが木陰で卓球を楽しんでいた。うちの園では多分初登場の遊びだが、ネットは段ボール。ラケットはうちわ。両手に持った子もいる。
210924higan.JPG
お彼岸も終わり、ヒガンバナも終わった。しぼんだのではなく摘まれて。
210922ine.JPG
穂が垂れてきた園庭の田んぼ。こうしてみると豊作のようだが、今年は長雨による日照不足が中身にどう影響しているか心配。


posted by Kaede at 18:57 | 園長のきまぐれ保育日誌
Powered by さくらのブログ