かえで幼稚園の子どもたちは自然に囲まれた中で頭と体と心をフルに使って遊びを創り続けています。(広島県廿日市市:宮島を見下ろす高台の幼稚園)

2021年09月22日

運動会モード

210922start.JPG
年中2クラスが、昨日園庭に引いたトラックを半周回るかけっこを行った。スタートラインにつく子どもたちはやる気十分。仲良し同士で走るのだが、こうなれば負けたくない。いよいよ運動会の機運が高まってきた。
210922mitsuba.JPG
年中を見ていた年少児たちも初めてのかけっこをしてみた。するとそれを見ていた満3歳児の子たちも「やりたーい」と言い出したので、ゴールテープに向かって走ってみることにした。何事にも前向きな満3歳児たち。一度で競う魅力に取り憑かれたのか、走り終えるとそのままスタートラインに戻って、また走ろうとする子が相次いだ。
210922pool.JPG
年長のクラス対抗ゲームは、昨日の1回戦を受けてルールを一部変更。2クラスを集め、ボールを出す側のプールの下にブルーシートを敷き、その範囲を踏んではいけないことなど変更点の説明会を行った。距離をとることでさらなる工夫を引き出すのがねらい。説明会の後、子どもたちは早速立入禁止ゾーンでの距離感を確かめていた。
210922nencho.JPG
ルール変更に合わせた道具作りも早速始まっていた。A組ではボールをどんどん運べるよう、段ボールのすべり台を作って実証実験。


posted by Kaede at 21:16 | 園長のきまぐれ保育日誌
Powered by さくらのブログ