かえで幼稚園の子どもたちは自然に囲まれた中で頭と体と心をフルに使って遊びを創り続けています。(広島県廿日市市:宮島を見下ろす高台の幼稚園)

2021年09月17日

ツアー

210917chorus.JPG

年少T組の子たちが手作り楽器を下げて「T組合唱団」を結成。隣のクラスを皮切りに、職員室を含む全クラスで演奏を披露して回った。評判が評判を呼び、最後の年中T組では、「追っかけ」で来た他のクラスの子も含む聴衆を巻き込んで大盛り上がり。

210917hall.JPG

すっかり気をよくした合唱団は、最後はこもれびホールで大コンサート。客演指揮者は年長のCちゃん。全国ツアーのファイナルは武道館で、みたいな感じかな。

210917tower.JPG

幼稚園のランドマークでもある「風の塔」は甘くない遊具。やっと2階へ上がっても、3階に上がるにはわずかな足がかりを使って柱をよじ登るしかない。でも満3歳児でも果敢に挑む子が増えてきた。そして登れた子もいる。甘かったら手ごたえも喜びも少ない。

210917locker.JPG

ロッカーに住みついている妖怪箱入り娘。うっかりしていると気付かずに通り過ぎてしまう。こわいこわい。






posted by Kaede at 15:33 | 園長のきまぐれ保育日誌
Powered by さくらのブログ