かえで幼稚園の子どもたちは自然に囲まれた中で頭と体と心をフルに使って遊びを創り続けています。(広島県廿日市市:宮島を見下ろす高台の幼稚園)

2021年09月16日

平気

210916mitsuba.JPG
満3歳児M組の子たちを担任が連れて園内を巡り、遊びのルールなどのレクチャーを行った。思ったよりも集中して聞いていたが、普段の遊びを見ても、、満3歳児は園での楽しみ方、人とのつき合い方、ものの仕組み、やっていいことや悪いことなど、この時期猛烈な勢いで日々学んでいるのがよく分かる。
210916youtube.JPG
年長A組のMちゃんのお父さんが「僕らのハチロク」という、歌に合わせたビデオを作り、YouTubeにアップしているので、年長A組のみんなで見ることにした。タイトルで分かるとおり、テーマは原爆を通じて平和を問うこと。Mちゃんも登場するので子どもたちはまずはそれを楽しんでいたが、終わった後の話し合いでは原爆や戦争のことについて知っていることを口々に発表していた。歌の内容も難しそうなものだが「感動した」という感想もあった。ちなみにビデオの撮影や編集は、いわゆる「玄人裸足」というべき、素晴らしい腕前。
210916asagao.JPG
園舎南側にあるグリーンカーテンで、アサガオの種を集める年長児。気をつけてね。
210916tsukutsuku.JPG
ツクツクボウシ。夏を通じて行われるセミのコンサートで、トリをとる主役級のセミ。複雑な節回しが自信にあふれている。だから少々近づいても平気。



posted by Kaede at 21:47 | 園長のきまぐれ保育日誌
Powered by さくらのブログ