かえで幼稚園の子どもたちは自然に囲まれた中で頭と体と心をフルに使って遊びを創り続けています。(広島県廿日市市:宮島を見下ろす高台の幼稚園)

2021年07月30日

持ち寄り鍋研修

210730kenshu2.JPG

コロナに対応し、広島県私立幼稚園連盟では新しい研修の形として、各園を会場とした「小規模研修」を行うことになった。1年目の今年は6園のエントリーがあったが、その第1番手として当園主催の研修が行われた。外部の方14名を含む約30名での小さな研修だが、感染対策を行いつつ、参加者に持って来ていただいたビデオを材料に討議をするという新しい形を採用した。


上は全体会。下は5班に分かれ、当園職員がコーディネーターを務めたグループ討議の時間。ぶっつけ本番のスリリングな研修だったが、講師としてお迎えしたU先生の的確なお話もあり、味のある「持ち寄り鍋」ができた。

210730kenshu1.jpg


posted by Kaede at 00:00 | 園長のきまぐれ保育日誌
Powered by さくらのブログ