かえで幼稚園の子どもたちは自然に囲まれた中で頭と体と心をフルに使って遊びを創り続けています。(広島県廿日市市:宮島を見下ろす高台の幼稚園)

2021年07月14日

現象

210714katakuri.JPG
年中2クラスの水遊びの一コマ。片栗粉を水で溶くとネバネバとも違う不思議な感覚のシロモノができ上がる。圧力をかけると個体状になり、緩めると液状になる。こういうのをダイラタンシー現象と言うそうだ。初めて知った。そしてたぶんすぐ忘れる。何はともあれ楽しめました。
210714gakko.JPG
学校ごっこ?先生は厳しいが、子どもたちは明るくて活発。(年長A組)
210714ori.JPG
「ヘッヘッヘ。かわいい子をたくさんつかまえてやったぜ!」というわけではありません。風通しの窓を外から。

posted by Kaede at 00:00 | 園長のきまぐれ保育日誌
Powered by さくらのブログ