かえで幼稚園の子どもたちは自然に囲まれた中で頭と体と心をフルに使って遊びを創り続けています。(広島県廿日市市:宮島を見下ろす高台の幼稚園)

2021年04月30日

遊びが基本

210430nencho.JPG
3月に退職し、新しいこども園の園長になったMさんが来園し、昨年担任を持った年長の子たちと再会した。「ここではみんながしっかり遊んでいるので、話も自然にはずむ」「今の園でも遊びこむことの大切さを伝えたいが、なかなか難しい」などと感想を言っていた。しっかり遊ぶことが全ての基本だということを、改めて感じる。
210430entei.JPG
連休の合間で、家庭訪問のため保育時間も短縮。急に雨が降ったり強い風が吹くなど、天候の変化が激しい一日だったが、子どもたちの遊ぶ姿からは、落ち着きとのどかさが感じられるようになってきた。



posted by Kaede at 09:24 | 園長のきまぐれ保育日誌
Powered by さくらのブログ