かえで幼稚園の子どもたちは自然に囲まれた中で頭と体と心をフルに使って遊びを創り続けています。(広島県廿日市市:宮島を見下ろす高台の幼稚園)

2021年04月28日

会心

210428act.JPG
いろいろなタイプの手作り人形が揃ってきた年長T組では、人形劇をしたいという子どもたちが出てきた。自然の流れである。観客が揃って話は始まったが、役になり切って内輪が盛り上がるほど観客には伝わりにくくなる、という「壁」を演者も体験することになる。大事なポイントだ。
210428kosaku.JPG
会心の作?渾身の作?年中H組にて。
210427orchid.JPG
山ツツジ、フジ、アヤメ…紫色の花が多いこの時期。間もなくカキツバタ、アジサイも続く。写真はシラン。


posted by Kaede at 00:00 | 園長のきまぐれ保育日誌
Powered by さくらのブログ