かえで幼稚園の子どもたちは自然に囲まれた中で頭と体と心をフルに使って遊びを創り続けています。(広島県廿日市市:宮島を見下ろす高台の幼稚園)

2021年03月18日

卒園式

210318sotsuen1.JPG
幼稚園として40回目の卒園式。ちょっと緊張して、ちょっとホッとして、ちょっと切ないのは何回やっても変わらない。子どもたちも何かを感じているはずだが、それを隠すのかはね飛ばそうとしているのか、式の前はやたらテンションが高い。
210318sotsuen4.JPG
式が始まった。子どもたちだけでの入場は、たくさんの拍手も浴び、一番緊張する場面かもしれない。特に先頭の二人は。(職員撮影)
210318sotsuen2.JPG
昨日私の前で振りを付けた歌「ドキドキドン1年生」を歌ってくれたグループ。実はクラスで時間が取れなくてしかたなく私に見てほしいと言ってきたそうだが、今日は式の後クラスで披露できた。ところが昨日のような元気がまるでない。それもそのはず。涙が止まらない中で歌っていたのだ。
210318sotsuen3.JPG
式が終わり、帰る前のNちゃん。最後にお気に入りだったシイの木の枝に登って記念撮影。また、大きな節目が過ぎていった。

posted by Kaede at 23:07 | 園長のきまぐれ保育日誌
Powered by さくらのブログ