かえで幼稚園の子どもたちは自然に囲まれた中で頭と体と心をフルに使って遊びを創り続けています。(広島県廿日市市:宮島を見下ろす高台の幼稚園)

2021年02月24日

ふかふか

210224janken.JPG
年長2クラスでは卒園記念誌のための撮影も兼ねて、希望の多かったクラス対抗リレーを再度行った。その流れで渦巻きジャンケンの直線版も行った。自陣ギリギリまで迫られたT組の子は、1歩も進ませまいと体を張って防御。
210224mori.JPG
その後、T組は新しい落ち葉がたくさん積もったかえでの森の下まで行った。坂道を走り下りた勢いで倒れ込んだA君。他の子が冷静に見ているのは、倒れてもふかふかの落ち葉があることと、ほぼ自分から望んで倒れたのが分かっているから。
210224volly.JPG
盛んだったドッジボールに加え、今日はバレーボールが行われていた。野球用のバックネットを移動して即席のネットに。タッチネットは反則にならない。
210224kaedekko.JPG
未就園児親子への園庭開放「かえでっこくらぶ」。新園舎でのお話会も今年度は明日で最後。

posted by Kaede at 23:17 | 園長のきまぐれ保育日誌
Powered by さくらのブログ