かえで幼稚園の子どもたちは自然に囲まれた中で頭と体と心をフルに使って遊びを創り続けています。(広島県廿日市市:宮島を見下ろす高台の幼稚園)

2021年01月29日

年少特集

210129torol.JPG
年少S組の劇。橋を渡るヤギと橋の下に潜むトロルとのやり取りの場面。セリフは勇ましいが、どちらもうれしくてしかたがない、という表情でしゃべっている。
210129clab.JPG
年少T組にもトロルがいる。橋の下に隠れているのだから川があるはず。川にはカニがいるはず。ということでカニが描かれた。もっともこちらは潜む側だからお客さんからは見えない。見えないところに凝るなんて、ダンディだね。
210129bath.JPG
年少H組の劇では、最後に全員がお風呂に「ドッボーン!」と入るのがクライマックス。この場面が楽しみで、それまでのやり取りがあると言ってもいい。
210129snow.JPG
朝、うっすらと雪が見られた。雪の結晶、見えたかな?


posted by Kaede at 18:57 | 園長のきまぐれ保育日誌
Powered by さくらのブログ