かえで幼稚園の子どもたちは自然に囲まれた中で頭と体と心をフルに使って遊びを創り続けています。(広島県廿日市市:宮島を見下ろす高台の幼稚園)

2021年01月28日

腹一杯

210128kazenoko1.JPG
劇団風の子の公演を今年も行った。毎年新たな発見と感動があるが、今年の作品も秀逸だった。箱をテーマに物語や手品や演奏などが繰り広げられるが、新鮮で豊かでシンプルである。終演後の年長A君の感想「オレ、もう面白すぎて腹が一杯になったけえ、弁当いらんかもしれん」それは良かったね。でも一杯になるのは胸じゃないの。
210128kazenoko2.JPG
感染対策のため、今年は残念ながら保護者の参加は見送った。園児もはじめはすき間を空けて着席したが、面白いから終わる頃にはどうしても前のめりになってしまう。これも自然の成り行き。
210128gray.JPG
後ろ姿の年中R君はパジャマで来たわけではない。全身グレー、しかも無地にこだわるチョイスをしたのは、劇の役が灰色オオカミだから。
210126plum.JPG
奥庭にある紅梅が、鮮やかな花をつけはじめました。


posted by Kaede at 18:23 | 園長のきまぐれ保育日誌
Powered by さくらのブログ