かえで幼稚園の子どもたちは自然に囲まれた中で頭と体と心をフルに使って遊びを創り続けています。(広島県廿日市市:宮島を見下ろす高台の幼稚園)

2021年01月26日

ベクトル

210126god.JPG
劇にとって大事なことは、一つのイメージに向かってみんなの気持ちが揃うこと。イメージの共有と言うより、気持ちの方向性みたいなものが大事。年長A組では神様の一言が劇のクライマックスになるが、その時の一同の表情を見ると、ベクトルが揃いはじめているのが感じられる。
210126nenchu.JPG
年中H組のバルコニーでは「花を入れるとこ」という箱に色を塗っていた。細部までしっかり塗りたいから、気をつけていても手や顔や服に絵の具がついてしまう。しかし、その汚れが達成感にもつながっている。
210126nokogiri.JPG
「いすを作りたい」という年長A君の希望で、材料になりそうな木と道具を用意したところ、たくさんの子が集まってきてノコギリに挑戦。特に熱心だったのは年少の子たち。肝心のA君の姿はどこへやら。
210126table.JPG
年長A組の大道具である巨大なテーブル。今にも歩き出しそう。

posted by Kaede at 00:00 | 園長のきまぐれ保育日誌
Powered by さくらのブログ