かえで幼稚園の子どもたちは自然に囲まれた中で頭と体と心をフルに使って遊びを創り続けています。(広島県廿日市市:宮島を見下ろす高台の幼稚園)

2021年01月15日

天国と地獄

1年中で最もたくさんシャッターを切る今日は、卒園記念誌に載せる年長児一人一人の写真撮影日。女の子たちは撮影前にこぞって鏡の前に走った。Hちゃんは撮影直前まで「髪が跳ねてない?」と何度も結び直していた。2台のカメラを下げた私は園内を走り回り1500コマぐらい撮ったが、最近の中では少なめ。それは子どもたちの表情がよかったから。気温も高かったので汗をかいたが、撮っている間は本当に楽しかった。しかし、これからの選別編集作業で地獄を見る(大げさです)。
210115hair.JPG
年長に混じっての果敢なプレーが定評の年少H君がサッカー場のまん中で大の字になった空を仰いでいた。負けたのが口惜しかったのだろうか?すぐ立ち直りましたけど。
210115soccer.JPG
新園舎の夕景を撮ってみた。園舎よりずっと小さいはずなのに、木の存在感には圧倒される。
210115tree.JPG
その園舎を道路から眺めていたのは散歩中のワンちゃん。「いいのができたじゃない」と目を細めていた。
210115dog.JPG

posted by Kaede at 00:00 | 園長のきまぐれ保育日誌
Powered by さくらのブログ