かえで幼稚園の子どもたちは自然に囲まれた中で頭と体と心をフルに使って遊びを創り続けています。(広島県廿日市市:宮島を見下ろす高台の幼稚園)

2021年01月08日

祝賀

210108mochi.JPG
雪景色で開けた3学期。始業式では新園舎の落成を祝って伝統的な「もちまき」が行われた。新園舎から撒く予定だったが、園庭が濡れているのでこもれびホールに変更。最初は「何のこと?」という感じだった年少児たちも、次第に要領が分かってくると、大喜びで吹き抜けの2階から投げられる紅白の餅の袋を受け取ろうとしていた。工事中ご迷惑をおかけしたご近所にも配って回った。

朝、登園してきた子たちは早速新園舎の探検。「トイレ、つかってもいいん?」「もちろん、いいよ」「じゃあ、おしっこしよう!」ということで、おしっこ第1号の栄誉は年長のA君に輝いた。
210108toilet.JPG

posted by Kaede at 13:00 | 園長のきまぐれ保育日誌
Powered by さくらのブログ