かえで幼稚園の子どもたちは自然に囲まれた中で頭と体と心をフルに使って遊びを創り続けています。(広島県廿日市市:宮島を見下ろす高台の幼稚園)

2020年12月22日

年末

201222geki.JPG
終業式を兼ねたクリスマス会(いや逆か)が開かれた。職員のハンドベルに聞き入り、人形劇では主人公のおばあさんと一緒に心配顔になったり(写真上)ホッとした顔になったりした。待望のサンタさんは今年は来られなかったが、代わりに声のメッセージを届けてくれた。子どもたちは神妙に聞き入り、声の返信を送った。「みんなの家には行くよ」という言葉を聞くとニンマリとした顔になった。

サンタさんからのプレゼントはカードゲームがクラスに一つずつ。クラスに帰って早速オープン。子どもたちは固唾を飲んで、大きな瞳で見つめていた。
201222nensho.JPG

posted by Kaede at 18:56 | 園長のきまぐれ保育日誌
Powered by さくらのブログ