かえで幼稚園の子どもたちは自然に囲まれた中で頭と体と心をフルに使って遊びを創り続けています。(広島県廿日市市:宮島を見下ろす高台の幼稚園)

2020年11月27日

収獲

201127imoni.JPG
秋の収穫を楽しむ芋煮会が行われた。メニューは畑で掘ったイモと森で拾ったクリがたっぷり入ったご飯と、イモなど具だくさんの豚汁で、全園児が園庭に広がって食べた。年長から入園し、初めてこの行事に参加したU君は「こんなおいしいもの、初めて食べた」と大感激。外で食べるのも季節的にそろそろ限界かな。

園庭は落ち葉で一杯。トウカエデやモミジバフウの落ち葉を堆肥場に運ぶために集めていると、すぐに近くにいた子どもたちが手伝ってくれた。今後もアベマキ、コナラなどの葉がどんどん落ちるだろう。ところで、今朝その堆肥場を掘り返したら、カブトムシの幼虫がゴロゴロ出てきたが、多くの子には内緒にしている。
201127ochiba.JPG

posted by Kaede at 22:47 | 園長のきまぐれ保育日誌
Powered by さくらのブログ