かえで幼稚園の子どもたちは自然に囲まれた中で頭と体と心をフルに使って遊びを創り続けています。(広島県廿日市市:宮島を見下ろす高台の幼稚園)

2020年11月25日

次の段階

201125sunaba.JPG
屋外の遊びはずっと盛んだったが、大きい行事「そうさくらんど」が終わり、さらにのびのびとした遊びが展開されている。砂場では冷え込む天候とは関係なく、年少児たちが水遊びに興じていた。

年長児は中断していた米作りの作業を再開。「千歯こぎ」という古い道具を使っての脱穀が行われた。一人1〜2束の籾を落とす作業だが、久しぶりに大きな森にも出かけてしっかり楽しんだので、最後は時間が不足し、降園直前まで仕事が続いた。
201125dakkoku.JPG

posted by Kaede at 22:11 | 園長のきまぐれ保育日誌
Powered by さくらのブログ