かえで幼稚園の子どもたちは自然に囲まれた中で頭と体と心をフルに使って遊びを創り続けています。(広島県廿日市市:宮島を見下ろす高台の幼稚園)

2020年11月17日

お迎え

201117nensho.JPG
部屋の入口に一人一人の手形で作ったボードの貼り付け作業を行っているのは年少H組。もの作りは続いているが、大きな節目である「そうさくらんど2020」を4日後に控え、お客様を迎えることも少しずつ意識しはじめている。

園庭の土山に生えているナンキンハゼがあまりにも赤すぎて、二輪車で駆け下りようとしている年中児たちの頬も赤く染まりそうだ。園庭でも紅葉の主役は日に日に代わっていく。
201117nenchu.JPG

posted by Kaede at 18:32 | 園長のきまぐれ保育日誌
Powered by さくらのブログ