かえで幼稚園の子どもたちは自然に囲まれた中で頭と体と心をフルに使って遊びを創り続けています。(広島県廿日市市:宮島を見下ろす高台の幼稚園)

2020年11月05日

職人

201105shuzai.JPG
絵本作家野坂勇作さんが構想中作品のラフを子どもたちに見せたいとのことで来園された。年少と年長の2クラスで絵を見せながら話をし「山積みの課題をもらいました」とおっしゃっていたが、子どもたちは野坂さんとの対話をとても楽しんでいた。そして、遊びの中での子どもたちとの雑談もきっと来園の大事な目的なのだろう。

年長T組の前にあるテラスは絶好の作業スペース。段ボールを加工して色を塗っては乾かす作業が続いている。その光景は何よりも職人さんの工房を連想させる。
201105kobo.JPG



posted by Kaede at 21:18 | 園長のきまぐれ保育日誌
Powered by さくらのブログ