かえで幼稚園の子どもたちは自然に囲まれた中で頭と体と心をフルに使って遊びを創り続けています。(広島県廿日市市:宮島を見下ろす高台の幼稚園)

2020年10月22日

多様

201022nensho.JPG
予定していた山登り遠足は雨で中止。去年秋も雨だったし春は休園だったし、よほど遠足から見放されているらしいので、今日はおやつも持参OKにして各クラスで遠足ごっこを楽しんだ。年少T組の子たちは歌を歌いながらルンルンで階段を登り、園庭を見下ろすバルコニーから「ヤッホー!」と叫んだ。するとブルーシートの下から工事のおじさんが手を振ってくれたので大満足。一方年長女子になると「雨が降ってるのに遠足ごっこって言われてもねえ」と冷めた反応。おやつタイムはしっかり楽しんでいたが。

年中T組ではジャングルを作ることになった。ジャングルの最大の特徴は多様性。だから青い木だってある。「絵の具を塗ってたら、手も青くなっちゃった」
201022nenchu.JPG

posted by Kaede at 21:47 | 園長のきまぐれ保育日誌
Powered by さくらのブログ