かえで幼稚園の子どもたちは自然に囲まれた中で頭と体と心をフルに使って遊びを創り続けています。(広島県廿日市市:宮島を見下ろす高台の幼稚園)

2020年10月16日

節目

201016inekari.JPG
予定より少し遅くなったが、年長は園内の小さな田んぼで稲刈りを行った。年間の米作り作業の中でも最重要作業の一つと言え、専用の鎌を使って一人1〜2株を刈り取った。その後田んぼに作った「はぜ」に干し、全員の「一本締め」で祝った。しかし、食べるまでにはまだまだ作業が続く。

年中T組の子たちが「ころがしドッジ」をやっていた。初めてのことなので、ルールを確認しながらであるが、子どもたちにとって案外難しいのは「転がす」ことの徹底。ついつい投げてしまうが、終わる頃にはほとんどの子が習得したようだ。
201016dodge.JPG

posted by Kaede at 19:09 | 園長のきまぐれ保育日誌
Powered by さくらのブログ