オフィシャルサイトブログサイト
2020年07月14日

超人

200714semi.JPG
優秀な生物部員であるA君が登園後すぐ見つけたのは、明け方までの雨に濡れながら羽化している最中のクマゼミ。さすが目がいい。いろいろな人を現場に案内しては解説し、「セミになったらオレが捕まえる」と宣言していたが、透き通った羽を徐々に広げ、体がだんだん色づいてくるのを、どこからセミになったと言えるのだろう。個人的には「飛んだ」が境目だと思うのだが、それからではもう遅いか。

今年は屋外に設置している「独楽道場(こまどうじょう)」の脇に小さなお盆が3つあり、それぞれに空きビンの蓋が置いてある。その中で回すのをねらうもので、直径9cmのが「名人」。直径6cmのが「達人」。そした最小の「超人」は直径わずか2.5cmのビールの王冠。達人以上は入って回るとその蓋自体がもらえる。現在達人達成者は6人。超人はわずか1名。(写真は昨日のもの)
200713koma.JPG

posted by Kaede at 19:02 | 園長のきまぐれ保育日誌