かえで幼稚園の子どもたちは自然に囲まれた中で頭と体と心をフルに使って遊びを創り続けています。(広島県廿日市市:宮島を見下ろす高台の幼稚園)

2020年05月20日

3日理論

200520twin.JPG
園庭開放3日目はいよいよ年少児が登場。4月に4日間登園しただけで1ヶ月もの休園になったので「ゼロからのスタート」を覚悟していたが、蓋を開けてみると案外スムーズ。ほとんどの子が泣くこともなく親と別れ、遊びにすんなりと入っていった。「ここは自分たちの園」という意識は、1ヶ月経ってもちゃんと生きていた。

4月に入園したときから「休園」の影が忍び寄っていた今年。「最低3日は保育をしたい。3日あれば『自分の所属はここ』という意識が定着する」と私は主張したが、その「3日理論」がはからずも実証された形となった。
200520book.JPG

posted by Kaede at 15:31 | 園長のきまぐれ保育日誌
Powered by さくらのブログ