かえで幼稚園の子どもたちは自然に囲まれた中で頭と体と心をフルに使って遊びを創り続けています。(広島県廿日市市:宮島を見下ろす高台の幼稚園)

2020年02月28日

全部歩く

200228shrine.JPG
年長2クラスのみが職員全員とともに宮島への卒園遠足に出かけた。例年は山登りをするが、今年は趣向を変え厳島神社の近くなどを歩き、広い公園を目指した。
200228deer.JPG
宮島を歩けばシカに出会う。大きいシカはちょっとこわくも感じるが、慣れれば大丈夫。砂浜や大きな木に囲まれた道や古い町並みを歩いたり、長い階段を下りたりする、なかなかバラエティに富んだコースだった。
200228yahoo.JPG
途中、神社や海を見下ろす公園で一休み。見晴らしがいいと子どもたちは「ヤッホー!」と叫びたがる。町並みの上なので迷惑だったかもしれないが、このご時世、子どもの元気な声が空から響くのも悪くないか、と思って止めなかった。
200228arrival.JPG
園から桟橋までの往復も含め、フェリー以外は全部徒歩。最後にかえでの森の坂道を登って園に着いたときは、晴れやかな顔の子、ヘトヘトの子、早くも園庭で遊びはじめる子など様々。よく歩きました。

posted by Kaede at 00:00 | 園長のきまぐれ保育日誌
Powered by さくらのブログ