かえで幼稚園の子どもたちは自然に囲まれた中で頭と体と心をフルに使って遊びを創り続けています。(広島県廿日市市:宮島を見下ろす高台の幼稚園)

2020年01月16日

気持ちいい

200116shuji.JPG
年長T組に墨と筆、半紙などが用意され「書き初め」大会が行われていた。他の組の子も自由に参加できるし、題材は字でなくても自由だが、墨の香りに気持ちも引き締まるような気がする。T君は真っ直ぐに半紙に向かうと、ものも言わずに何かを書き上げ、満足したように筆を置いた。ちなみに作品名は「骨」。

クラスの前に脱ぎ捨ててあった友達の靴を、誰に頼まれたわけでもなく丁寧に並べた年少のMちゃんとTちゃん。作業を終えると「なんかきれい!」と自分たちの仕事に大満足の様子だった。こういうのをGood Job!と呼びたい。
200116shoes.JPG

posted by Kaede at 18:20 | 園長のきまぐれ保育日誌
Powered by さくらのブログ