HOMEお知らせを全て表示 > 動体視力
オフィシャルサイトブログサイト
2019年07月10日

動体視力

190710dango.JPG
雨がちな天候でもあり、「どろだんご」フェスタでもあり、そのフェスタを地元テレビ局が取材に来たこともあり、園舎裏のどろだんご場は大にぎわいとなった。「あそび復活」企画では、今日は土山でだんごころがしをやってみた。当時と比べると草が茂っている土山だが、ほとんどのどろだんごは坂の途中で分解するので、下まで無事に到着するのは至難である点は以前と同じ。

7月の誕生会では、ステージの幕をわずかに開け、そこを通過する物体を当てるクイズを行った。通過は一瞬だから、子どもたちもまさに目を凝らして集中した。子どもたちの動体視力は侮れないものがあったが、一番難しかったのはピーマン。
190710tanjo.JPG

posted by Kaede at 18:50 | 園長のきまぐれ保育日誌