オフィシャルサイトブログサイト
2019年07月09日

創造的

190709tanabata.JPG
日付は少々遅めだが、七夕の行事を行う。園に飾ったのと、宮島口駅のと、家庭から持って来られた笹を合わせて、一人一枝ずつ火に投げ入れて願い事の成就を祈った。火はちょっとこわく感じるが、「ちょっとこわい」も大切な経験。その後はお楽しみのかき氷が待っていた。

「どろだんごフェスタ」週間が始まっていて、絵本発行当時にやっていた遊びを復活させる企画を行っている。今日は板にだんごを投げる「的当て」をやったところ、投げる子の列ができた。中には結構手間を掛けただんごを投げる子もいて「それ、いいの!?」と大人が心配になるが、子どもは「また作ればいい」という感覚らしい。所有的でない気概に驚かされる。
190709dango.JPG

posted by Kaede at 22:30 | 園長のきまぐれ保育日誌