オフィシャルサイトブログサイト
2019年07月01日

専門家

190701sumo.JPG
年長Aちゃんは、相撲好きの副園長が「話し相手ができた」と喜ぶほど相撲に詳しい。ところで、年中H組では20匹以上のカブトムシが飼育されているが、今日は床にテープを貼った土俵でカブトムシの相撲大会が開かれていた。正面に座ったのはもちろんAちゃん。勝負審判として力士の足が土俵から出たのを素早く指摘。そして「今のは『寄り切り』。一番よくある決まり手」などと解説者も兼ねていた。

posted by Kaede at 00:00 | 園長のきまぐれ保育日誌