オフィシャルサイトブログサイト
2019年06月05日

興味

190605bridge.JPG
年中2クラスは、卒園生保護者で自然保育のアドバイザーでもあるK氏の同行で、バスで20分ばかりの「おおの自然観察の森」に出かけた。一番のお目当ては木の枝に大きな卵塊を産むモリアオガエル。駐車場から目指す池までは、渓流沿いの遊歩道を通るが、そこには「トロルの橋」が2ヶ所あって、雰囲気も盛り上がる。

目的地では、モリアオガエルの卵や、ツチガエル、イモリなどを見つけて大興奮の子も。比較的近くにある枝にある卵塊を手が届くところに引き寄せてやると、興味一杯の手が一斉に伸びた。
190605tamago.JPG

posted by Kaede at 23:06 | 園長のきまぐれ保育日誌