HOMEお知らせを全て表示 > シーズン
オフィシャルサイトブログサイト
2019年01月11日

シーズン

190111takibi.JPG
たき火のシーズン開幕。燃料は子どもたちがかえでの森から運んでくる枯れ枝。火を体験することが少なくなった現代だからこそ、人の言葉を借りると「正しくこわがる」ことを学んでほしい。そして、今日はM君が持って来てくれた巨大なサツマイモを焼いた。「おいしくないですよ」というお母さんの謙遜に反し、十分甘くて、たくさんの子が楽しめた。

幼稚園では文字を系統立てて教えることはしないが、書きたがる子は多い。そこで年長A組では硯、墨、筆と半紙を用意して「書き初め遊び」をやってみた。K君の作品(右上)は「いのしし」。S君の(左下)は「あけおめ」。新年だ。
190111kakizome.JPG

posted by Kaede at 00:00 | 園長のきまぐれ保育日誌